2012年07月12日

北の蕎麦屋さんからもらったカラーのドクダミ草

葉は緑一色で白い可憐な花を付けるが匂いが強烈。
一般的なドクダミ草のイメージはこんなところか。
薬草でもあり匂いも似ていることから正露丸の材料のようだが別物。

加熱で臭気が和らぐことから葉を天ぷらにして食べるなんていうが
何もそこまでして食べるほどのものか。
繁殖力が強く庭先で占領されると抜いても抜いても生えてくる厄介者でもある。

車旅で北海道へ渡る時
マグロで有名な大間から函館までポンコツフェリーに乗ることがある。

その大間に本州最北端とうたった蕎麦屋があって
時々立ち寄って昼食をとるのだが
そこのおかみさんから小さな鉢に植わった珍しいドクダミ草をもらった。

こんなことも車旅の楽しいことなのだが
帰ってから大きなプランタンに植え直したら見る見る増えた。
庭に直に植えてしまったらえらいことになる。

葉に色が付いてるが花は普通のドクダミと同じ白色。
カメレオンともニシキドクダミとも言う。


001.jpg
葉に色が付いたドクダミ草


002.jpg
白い花は一般のドクダミ草と同じ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:14 | 神奈川 ☁ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする