2012年07月11日

富士川沖のタチ 〜 7月10日釣行

前回同様今日もベタ凪。
どうにもタチが気がかりでまたまた様子を見に富士川沖へ。
濁りは斑模様で深くまで入ってるが東寄りは見事な澄み潮。

蒲原からポイントを見て行くも60〜70m立ちに僅かな反応が出る所もあるが
半舵のダボハゼ丸では乗せられない。

70mの深さに何とか乗せられる反応が出て
急いでAさん共々80gのジグを棚より下まで落とし
5回ほどスローピッチで誘ったら竿先が海面まで突き刺さる手応え。

こりゃあでかいぞ、なんてワクワクしながらリールを巻くも
猛烈な突っ込みを何度もしたかと思うと
今度は針外れかと思うほどの喰い上げでリールを巻く手が忙しい。

最後の10mでの突っ込みにはタモが要るかなと思ったが
上がってきた口元を見るとがっちり針掛かりなので力任せに引き抜いた。

F5は余裕ある準大物で早速頭をカットし活き締め血抜き。
そうこうしてるうちに反応はどこかへ行ってしまい
後が続かずAさん共々ツ抜けには及ばず。

腕が腱鞘炎になるほどの釣れっぷりはいつになったらできるんだろう。
とにかくもっと大きな反応が出て長続きするようにならないと。

その後キスでもやろうと思ったがシラス網がワサワサ入った後だから
だめだろうと思いながら気合いを入れずにやり始めるも
やはりその通りでさっぱり。

結局は網の入らない興津沖で天種キスを確保して
良かったんだか何だったんだかの半日でござんした。

シラスの網にはタチも沢山入ってんだろな。
悔しいな。


001.jpg
今シーズン初の準デカタチ。
余裕でF5本。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:12 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

この時期キスを沢山釣りたい

一年中釣れるともいわれるキスが気温上昇と共に浅場に入ってきて
子供にでも手軽に楽しめる今の季節。
鰓の一部に尖ったのがあるが各鰭には全く棘のないのも子供向きだ。

この手軽なキスも数を釣ろうとなると中々の奥深さを知ることになる。
前にバカ釣りした同じ場所で今日は全く喰わないとか当たりはあるが
針掛かりしないとか針に掛かるが喰いが浅く
巻き上げ中に外れるなど難しさもある。

遊動式や半遊動式を使ってる方は固定式に変えてみるのも一つの解決策。
また錘りを重くすると掛かりは良くなります。
この2つのことでフッキングは良くなるように思います。
錘りを重くすると何故掛かりが良くなるかは長文になるので割愛しますが。
それと針を小さくし針スを長くするのもいいようです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:18 | 神奈川 ☁ | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

シラス漁とキス

駿河湾内ではこの10年間釣れる魚は確実に減少してきているが
それでもまだ釣り人を少しは楽しませてくれる。

毎日沢山のシラス漁の船が細かい網を使って海中を引き回すのだから
キスなど全くいなくなってしまうと思うのだがまだ何とか釣れる。

しかし場所によってはほぼ釣れなくなってる場所もある。
三保の松原沖がそうだ。
7〜8年前まで中形のキスとメゴチがおもしろいほど釣れたが今は絶えた。
ここもシラス漁の良い漁場だ。

富士川沖や興津沖はまだなんとか面子を保ってはいるが
先に書いたように数も減り小形化してる。

10年後はどうなっているんだろ。
もっともそれまで生きてないか。
無責任な言い方だけど。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:57 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

好きになれない道

車旅を長く続けていると当然同じ道を何度も通る機会に巡り合う。
その中でどうしても好きになれない道ができることになる。
走りやすいか否かが最大原因になるが
いくら景観が良くてもどうにも嫌悪したい道。

私の場合これの筆頭が
長野自動車道の松本インターから国道158号〜471号〜41号で富山へ抜ける道。

そうそう悪名高い安房峠を通る道だが途中道巾が狭く
トンネルの連続でこのルートは必ずと言っていいほど観光バスが通るから
ノロノロ運転の連続になり精神衛生上よろしくない。

有料の平湯トンネルができて
この峠は楽に越せるようにはなったが安房峠は厄介だ。
かなりの回り道と有料負担にはなるが
上越回りで北陸道を利用するのが賢明のようだ。

ところが先日の能登半島からの帰り道
富山から松本へ抜けるルートを取ってしまってひいひい言いながら帰ってきた。
相変わらず道路工事の片側交互通行場所も多いし良いこと一つもない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 15:51 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

しっかりやってこいよ 〜 7月5日釣行

この日の凪は最高だが富士川沖は期待薄だろうと端っから興津沖で
天種キスとマゴチにヒラメ狙いでマゴチの10匹も釣れればいいなぁと
とんでもない考えで戦闘開始。

天種キスが釣れるということはマゴチとヒラメの餌が確保できるということ、
従ってそれらが釣れたも同然だなんてこれまた悠長な心持ちで。

Aさん共々キスは山のようにとまではいかないが沢山釣れた。
半遊動式から固定式の片てんに変えたら針を飲まれるのが多く
泳がせで使うのに口先だけに針をかけようと少々テクニックを使う。

さぁーてそれじゃマゴチにヒラメちゃんいきますかと
手頃な大きさで活きのいいキスの鼻穴に親針を通し孫針を肛門にかけ

  「それじゃしっかりやってこいよ」

と沈めるが
キスにとっちゃ

  「何がしっかりやってこいよだ、下手すりゃ喰われちゃうんじゃねぇか」

と言いたいだろね。

程々したらきましたね。
がつーんと。
6:4調子の竿先が見事に海中に突っ込んだ。
キロ以上はありそうな。
何となくマゴチだな。
もう既におつむの中はマゴチの刺身がちらちらしてる。
今旬だから旨いぞー、なんて。

海中ぐいぐい引きながらゆらゆら見え出したのは予想通り良形のマゴチ。
Aさんのタモに収まった。
もう少し大きかったかなと思ったが1.3kgだった。

さっさと活き締め血抜きをしてクーラーに。
こんなのが釣れることを想定して
たかがキス如きに中型のクーラーを持ってくるのだが。
だからキスだけしか入らない時は何とも間が抜けている。

今シーズン初マゴチだったが前回はAさんがやってくれました。


001.jpg
えっへへっご機嫌


002_02.jpg

002_01.jpg
マゴチ、ヒラメの泳がせ仕掛け、今回使ったもの。
活き餌の大きさに対応するため親針と孫針の間隔を変えて作ってある。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 07:30 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−マゴチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする