2012年07月21日

キス沢山釣りましたか

キス釣りシーズン真っ盛り。

さてキスを沢山釣って帰ってきた。
かーちゃんに

  「どうしようか?」
  「やっぱり天ぷらと刺身がいいんじゃない?」
  「よしそれじゃそうしよう」

なんてことに大概はなる。

毎年思うのだがこの魚どうも鱗を取るのが面倒臭い。
でもこれやらないと始まらないからちまちま根気仕事。
やり終えるとフーッとため息が出る。

頭と腹わた取って卵と白子は別にしておく。
これもちまちまで面倒だが。
後は腹からでも背からでも開いて中骨と腹骨を取れば上等の天種ができる。
できれば3枚におろして揚げた方が食べやすい。

新鮮なキスの天ぷらはほんと美味しい。
外で食べる天ぷら盛り合わせのキスとは全く別物。

一方刺身はもうひと手間かかる。
皮の処理だ。
薄いけどやはり何とかしないとね。

何とかには皮を引くか湯引きするが一般的で寿司屋のは後者が多い。
この湯引きもほんの僅かにさっとやらないと
身まで白くなってしまうから少しコツがいる。

冷水にとって水気を拭けば出来上がり。
包丁で皮を引く場合も慣れてくれば一発で引けるが
とにかく薄いから途中で千切れる。
あーぁ、またやっちゃった、なんてことになる。

ところで鰺や締め鯖のように
キスも指先を使って皮が取れるのご存知だったですか。
これも皮に身が付いてしまう場合もあるが慎重にやれば大丈夫。
これキスが新鮮でないとだめです。

あっそれと血合骨。
キスのこれを抜くのもちまちまで面倒。
でも大形でない限り横着しちゃって大丈夫。
口に入れた時に当たらないから。

これをポン酢ワサビで食べる。
酒の肴にも熱々ご飯のおかずにも合う。
釣りをやってて良かったなぁー、となること受け合い。

もう一つ先に書いた卵と白子。
腹わた取る時、これも面倒だけどまとめておいてさっと湯通しの後酢締め。
正に珍味。

キスの料理はとにかく細かくてちまちまの部分ばかりだけど
その分味で応えてくれるからキス釣り中毒になる。


001.JPG
薄皮を指先でつまみ取り除いた刺身。


002.JPG
小さな卵だがくせになる旨さ。ワサビを付けて。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 00:14 | 神奈川 ☔ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

ニガウリとミニトマト

ニガウリとミニトマトが食べ頃になって毎日ミニトマトを食べているが
ニガウリは好まず食べない。

これ好きな人は沢山食べるんですね。
かーちゃんが好んで食べてる。

ヒヨドリがミニトマトの熱したのを選んで“ただ食い”に来るから
手を叩いて追い払う。

ちゃんと旨そうに真っ赤になった実を選んで食べてしまうからネットを張った。
そしたらさすがに来ても食べられず
じーっとしばらくヨダレたらして見てる姿は少々可哀想だが仕方ないね。

あっ、鳥はヨダレたらさないか。
犬と違って。


001.jpg
手頃な大きさのニガウリ


002.jpg
少し酸っぱく昔の味のミニトマトが沢山


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:17 | 神奈川 ☁ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

駿河湾の五目釣り 〜 7月18日釣行

五目釣り。
何だか語感からワクワクしてくる釣りですね。

当方体勢万全だから何でも来いよと。
ほんとに何が掛かるか分からないところに面白さとうきうき感がある。
この釣りほとんどの人が好かれてるんじゃないかしら。
いや目的がはっきりしてなきゃ嫌だね、なんていう人もいるかも。

シラス網に“直接的”には影響が少ないし回遊魚も混じることから
根絶やしにも“なり難い”魚も混じることから群れさえ掴めばそこそこ釣れる。
もっともこの群れを見つけるのがひと仕事だが。

昨日たむろしてた根回りに今日もいるとは限らないし。
シャッター通りの根回りだって沢山あることだし。

ただしそんな根回りポイントをいくつか知っていて
そのいくつかを見ていくと中には人通り、じゃなかった、
魚通りの賑やかなところもあるからその辺りで遊ばせてもらうことになる。

しかし五目といってもそれ以上だったりで
アカエイやフグ類も釣れてくるから楽しいことばかりではない。

今回もショウサイフグのでかいのが、
しかも沢山釣れ惜しみながら放流せざるを得なかったりで
フグ調理師資格のある人がいたらまとめて持って行けるのにといつも思う。
もっと若ければ自分で取得するところだ。

今日の潮は一時風と潮流が直角に交わってしまう始末の悪い状態で
スパンカーをいくら振っても間に合わないほどだったが
そのうちおさまってAさん共々3kgほどの釣果で半日を楽しめた。


001.jpg
とてつもない竿の曲がり具合で奮闘するAさんだが
顔を見るとニコニコしてない。
でも一応タモ持って横で構えるが
 「これエイかもよ」
なんて言ってる。
確かに鮫の引きではないからタコだったら半分ずつだな、なんて思ってたら・・・


002.jpg
やっぱりお出ましはアカエイちゃんのスーパーデラックス。
Aさん徒労でご苦労さん。


003.jpg
船頭はぴったり五目。
マアジ/マダイ/ウマズラハギ/カイワリ/ソコイトヨリ
五目刺盛り合わせでも造るか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:11 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−根魚五目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

根魚根絶やし

オニカサゴ、カンコ、ユメカサゴ、アカムツ、アコウ、
駿河湾でこれらの根魚が最近釣れなくなってきてる。
特にアコウは少なく三保沖ポイントではほぼ根絶やし状態だ。

2匹も釣れば十分な魚なのに提灯行列だなんてことを
あの小さな根回りでやってたら当然のこと。
釣り師や漁師の自業自得以外何物でもない。
そういう私も長い間にわたり似たようなことをしてきてはいるのだが。

オニカサゴは10年も釣り続けてるが1回の釣行で平均約3kgほどの釣果だ。
(1匹平均750g4匹程)
10回では30kg、100回では何と300kgにもなる。
とても100回どころではないのでとてつもない数量を釣り上げてることにはなる。
もちろん多くのポイントからではあるが。

私一人でこれだけの量になるから他の釣り師、それに遊漁船も入るだろうから
気の遠くなるほどのオニカサゴが消えてることになる。

回遊魚ではなく成長もきわめて遅い魚なので減少の一途は免れない。
魚や海は大事にしないと。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:17 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

本当に旨い日本酒(個人的に)

夏場の超蒸し暑い折、日本酒は苦戦時期と思うが
一部冷酒の形で面目を保っている。

多くの冷酒はアルコール度を低く抑え13度前後が多いのではないか。
少々質が芳しくなくとも低アルコールの日本酒なら
そして冷酒なら大した抵抗もなく喉を通る。

色々な酒造元からこれでもかという程の種類が出ていて
いつも選択の基準にしてるのは一般の日本酒で間違いのない酒を
年を通して市場に出してる酒造元の製品を選ぶようにしている。
これならまず間違いなく旨く呑める。

最近ご近所の方からとても旨い酒をいただいた。
冷酒ではない。
アルコール度18度。
一般の日本酒が15〜16度だから結構な度数。

飲み始める時は重たい酒で食中酒には果たしてと思ったが
栓を開け一口飲んでみてびっくりした。
旨味の方が遥かに勝っていてしかも清らかで高度数を感じさせないどころか
むしろ一般の酒より低く感じとても飲みやすく抜群な旨味が口中に広がった。

お陰でいつもより飲みすぎてしまったが後にも残らず良い酒と巡り合った。
こんなことも酒吞みの楽しみの一つだな。


001.jpg
旨いの一言に尽きる高度数の酒。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:54 | 神奈川 ☀ | 【酔】−酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする