2012年06月29日

キス竿が折れちゃった。どうするか。

少しばかり奮発して買った高級なキス竿を折ってしまい
泣くに泣けないなんて経験お持ちの方いらっしゃるでしょうね。

先端部分は繊細な当たりを取るため
その細さは他の竿にはない極細で折れるのはほとんどこの部分。

先端のガイドに絡んだラインに気付かずそのまま竿を振ってしまったり
巻き上げ過ぎてテンビンがガイドに当たりで折れるケースがほとんどで
  あーぁやっちゃった、と
ほんと泣くに泣けない気分になる。

さてどうしますか。

この部分だけなら釣具屋さんに持ち込めば有料にはなるが補修してくれるし
Aさんのような器用な人は自分で直してしまう。
しかし一番重要な先端は少し短くなる。
ガイド一つ分が。
当然竿先は硬くなる。

ところがこれはこれで活用の場があるんですね。
浅場のキス釣りだって潮が速い時はよくあることで
そんな時に修復前には使えなかった重たい錘りが使えるようになる。
先端が少々硬くなるのだから。
そしてできれば同じ竿をもう1本奮発して購入しておけば
状況に応じて使い分けられるから心強い。

あっ。かーちゃんに怒られるかも。

  「あーた、またそんな高いもん買っちゃって!」

なんてね。


001.jpg
上が新品の竿先。
下修復後でガイドが一つなくなりその分短くなってる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:18 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする