2012年06月24日

Aさんが釣ってきた興津川の鮎

興津川の鮎が今年は小さいとAさんぼやいてる。

毎年何度も鮎をもらって塩焼きで食べるけど
興津川のは安心して食べられるから頭からかぶりついて食ってしまう。

今年初めてのをもらった。
なるほど少し小形なのかな。
でも今頃のはこのぐらいじゃないのかな。
鮎については全く分からず、Aさん釣る人、私食べる人が専らだから。

魚を焼くのはお手のもんだから美味しく美味しく焼く。
ちゃんと化粧塩して串を打って。

しかしこの魚、見れば見るほど気品に満ち海の魚にない優雅さがある。
随分違うがイメージ的にはシロギスが近いかな。

いずれにしても食べてしまうにはもったいない姿形をして美しい。
ちょっとオーバーに言えば芸術的でさえある。


001.jpg
かーちゃんと2人分にちょうど良い。


002_01.jpg
鮎にも鱗はある。1匹で包丁の先にこれだけ取れた。


002_02.jpg
尻をしごいて糞を出す。


003.jpg
強火遠火で。


004.jpg
旨そうに焼けた。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:24 | 神奈川 ☁ | 【釣】−船友 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする