2012年06月15日

車で行く能登半島(1)

能登半島は一番大きな半島で金沢から先端の禄剛崎(ろっこうさき)まで
車で3時間近く要す。

既に5回ほど旅しているが昔とほとんど変化がないのも珍しい。
それだけ辺鄙ということか。
いやいや、辺鄙だからこそ旅人を誘い込み魅惑する。

写真を撮っても仕方のないような小さな漁村に足を踏み入れたり
一期一会の人と短い話を交わしたり旅本来の醍醐味が楽しめるのも
車旅だからできること。

小浜から七尾までのぶらり旅をしてここで宿泊。
チェーン店のルートイン七尾東は無難なポピュラーなホテル。
和倉温泉も近くだが温泉街の旅館は好みじゃないので
どこへ行っても利用することは少ない。
函館の湯の川温泉だけは別にして。

この七尾も宿泊するのは初めての街で
人口数約5万8千人の静かな佇まいが魅力ある。
人々の落ち着いた上品さも江戸時代は前田氏の加賀藩の一部であったことから
その文化と共に頷ける。

夕方や早朝の散策もきれいな空気を腹いっぱい吸い込んで
静かな街の良さが堪能できた。

夕食は街中の飲食店をホテルのフロントの女性から教えてもらい
その旨ひとこと言って入店し旨い魚介類で加賀の旨い酒を楽しんだ。

日常生活は漁師の生活サイクルで午後3時頃から吞み始め
7〜8時には寝てしまうような毎日だが
旅先では飲食は6時頃からでないとできず
食べ終わって早々に寝てしまうので体重が増えてしんどい。


001.jpg
人口数の割には小さなJR七尾駅


002_01.jpg

002_02.jpg

002_03.jpg

002_04.jpg
古い建物が残る一本杉通り四景色


003.jpg
落ち着きのある街路


004.jpg
路地裏通り


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:40 | 神奈川 ☀ | 【旅】−旅行記−石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする