2012年06月07日

ジャンボキス。別名肘叩き。

沼津に船を置いてた10年ほど前にも
はるばる富士川の肘叩きを目当てに来てたが
当時の釣行誌を見ると針は“湘南9号”を使ってた。

釣れるキスの3割ほどが27〜28cmで正に肘叩きの名に恥じなかったから
この大きな針がちょうどよかった。
当時の写真を見ても確かにでかい。
だから総量3kgなんて時もあったが
今使ってる針は湘南8号と以前よりも1号落としている。

と言うことはそれだけキスが小形化しているということだ。

確かに今でも富士川沖の平根や砂礫地では
大形が釣れるが25cm以上は随分少なくなっているし
全体的に数も少なくなっている。

毎日毎日シラス網が入っているんだから当然のことで仕方ないが。

でもねあまり大きなキスは食べても旨くないね。
身がぼさぼさしてる感じで。
20〜25cmほどが一番旨いと思うけど。
刺身も天ぷらも。

この大きさだと天ぷら用も3枚におろして
皮目の方に3ヶ所ほど切り込みを入れると真っ直ぐに揚がるし
旨い旨の3乗に。

揚げすぎないのがコツと言えばコツですね。
とにかく刺身を天ぷらにしてる訳ですからね。

いずれも釣り師でなければ食べられない喜び。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 01:13 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする