2012年06月10日

野菜の花

全くの無農薬野菜は貴重品。

いくら沢山食べても安心できる。

ミニトマトにキュウリ。


001.jpg
ミニトマトの花


002.jpg
キュウリの花。これからが楽しみ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:35 | 神奈川 ☁ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

食中毒を招かないために

魚の鱗を取ってから鰓と腹わたを引き出し
流水できれいに洗うと同時にシンクの中に落としたものを取り去り
シンクも洗剤で洗い流す。
ここでまな板を取り替え洗った魚を調理用タオルで水分を払拭する。

下ごしらえに使った出刃包丁を取り替え頭を落とし
3枚におろし柳刃で皮を引き刺身にして盛り付ける。

調理に素人の私でも魚の扱いはここまで注意を払っているのに
スーパーの魚売り場の奥で魚を取り扱っているのを見ると随分と心許ない。
もっともさばく量が違うからそこまでやってられないのだろうが。
その分流水を沢山使っている。
旨味が流れ出てしまうほどに。

つい最近かーちゃんがあるスーパーで生のツブ貝を買ってきて
湯に通したら相当臭かったと。
電話して伝えたら何がしかの係の人が来て菓子箱持ってきて代金を返したと。

  「こんなの食べて大丈夫なの?」

って聞いたら

  「いや大丈夫じゃありません」

と言ったとか。

おっかない話じゃありませんか。
これで食中毒でも出したら営業停止になっちゃうでしょうね。

プロなんだからもっと神経遣ってもらわないと。
生ものの扱いには。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 00:59 | 神奈川 | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

花々

花中庭だらけ、じゃなかった、庭中花だらけの今日この頃、
ウチワサボテンも沢山蕾を付けてる。


001.jpg
胡蝶蘭


002.jpg
カトレア


003.jpg
ミニバラ


004.jpg
ウチワサボテンの蕾がびっしりと。
開花したらご披露致します。
これからまだまだ続きます。

ただしド素人の写真ですから見映えは良くありませんが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:25 | 神奈川 ☀ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

ジャンボキス。別名肘叩き。

沼津に船を置いてた10年ほど前にも
はるばる富士川の肘叩きを目当てに来てたが
当時の釣行誌を見ると針は“湘南9号”を使ってた。

釣れるキスの3割ほどが27〜28cmで正に肘叩きの名に恥じなかったから
この大きな針がちょうどよかった。
当時の写真を見ても確かにでかい。
だから総量3kgなんて時もあったが
今使ってる針は湘南8号と以前よりも1号落としている。

と言うことはそれだけキスが小形化しているということだ。

確かに今でも富士川沖の平根や砂礫地では
大形が釣れるが25cm以上は随分少なくなっているし
全体的に数も少なくなっている。

毎日毎日シラス網が入っているんだから当然のことで仕方ないが。

でもねあまり大きなキスは食べても旨くないね。
身がぼさぼさしてる感じで。
20〜25cmほどが一番旨いと思うけど。
刺身も天ぷらも。

この大きさだと天ぷら用も3枚におろして
皮目の方に3ヶ所ほど切り込みを入れると真っ直ぐに揚がるし
旨い旨の3乗に。

揚げすぎないのがコツと言えばコツですね。
とにかく刺身を天ぷらにしてる訳ですからね。

いずれも釣り師でなければ食べられない喜び。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 01:13 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

半人工人間

スポーツ選手の中にも気の小さな人がいて

「ノミの心臓だからなぁー」

なんて言われたりする。

ところで果たしてあの小さなノミの心臓なんて目に見えるんかいな。
でも確実にあるからああやって飛び跳ねたりできるんだろうし。

かーちゃんが心臓の大手術をしてから一年になる。
胸部を切り開いた後が少々痛々しいし胸骨はステンレスワイヤーで縛ってある。

ところで心臓ってノミのものほどでは当然ないが以外と小さいんですね。
重さにして200〜300gほど。
容積も200ccぐらいしかない。
缶ビールだって350ccですからね。

こんな小さなもので何十キロもの体重の隅々まで
のべつくまなく血液を送り届けているのは意外だ。

そう言えば魚でもそうですね。

マグロやカツオ、それにサバだって随分と小さいですね。
あの小さな心臓で水中のあれだけのアクションに耐えてるんだから驚く。

新聞に人工心臓なるものが出てた。
凄いですね、機械ですよ。
筋肉じゃないんですよ。
もうこうなると胃袋も腸も肺も何もかも人工物の時代が来そうに思うけど。

補聴器は基より義歯や眼鏡も人工物だし
脳だってその内コンピューターが入るかもよ。
筋肉だって既にあるじゃないですか、腕や足を動かすのが。

何だか人工物だらけになっても生きていけそうな気がするけど。
半人工人間だな。

そうそう人工血管、人工腱、人工骨なんてのもあるし
一時的には人工心肺もある。

人の英知には驚くばかりだ。


001.jpg
人工心臓も随分と小さい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 12:47 | 神奈川 ☔ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする