2012年06月25日

魚の減少

天声人語。
大学入試にまで出る朝日新聞朝刊の“名物記事”。

6月15日に書いてあったこと。
海の汚染や乱獲もあろうがとの前置きで魚類が捕れず
特にマグロやカツオが少なくツナ缶の生産が減少してると。

この前は魚類全体の水揚げ減少を報じてた。
マクロ的に見て全世界の海の現象らしく
ミクロの目で見る駿河湾内外もなるほどなと思えるほど魚が少なくなってる。

人間の勝手、つまり人災が原因なのは想像できるが
少しでも良い方向に向かわせるには稚魚の捕獲が上げられよう。
目の細い網で毎日繰り返し稚魚を捕っていれば食物連鎖の通り
大型の魚も減少するのは当たり前だ。

行政に優れた人がいないことも大きな原因だが
少なくとも魚釣りを愛する人達が
いつも気に留めておく問題としなければならないのではないか。

楽しい魚釣りを次の代へ引き継がせる為にも。


001.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:37 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

Aさんが釣ってきた興津川の鮎

興津川の鮎が今年は小さいとAさんぼやいてる。

毎年何度も鮎をもらって塩焼きで食べるけど
興津川のは安心して食べられるから頭からかぶりついて食ってしまう。

今年初めてのをもらった。
なるほど少し小形なのかな。
でも今頃のはこのぐらいじゃないのかな。
鮎については全く分からず、Aさん釣る人、私食べる人が専らだから。

魚を焼くのはお手のもんだから美味しく美味しく焼く。
ちゃんと化粧塩して串を打って。

しかしこの魚、見れば見るほど気品に満ち海の魚にない優雅さがある。
随分違うがイメージ的にはシロギスが近いかな。

いずれにしても食べてしまうにはもったいない姿形をして美しい。
ちょっとオーバーに言えば芸術的でさえある。


001.jpg
かーちゃんと2人分にちょうど良い。


002_01.jpg
鮎にも鱗はある。1匹で包丁の先にこれだけ取れた。


002_02.jpg
尻をしごいて糞を出す。


003.jpg
強火遠火で。


004.jpg
旨そうに焼けた。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:24 | 神奈川 ☁ | 【釣】−船友 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

陸に上がった河童

長い梅雨空の“付録”に台風まで。
こうなると非日常の生活になる。
つまり日常はそれだけ船と釣りが中心の生活サイクルになってる訳で
1週間も10日も船が出せないと正に陸に上がった河童然りだな。

悶々とした毎日を過ごすのは苦痛以外何物でもない。
こういう時テレビ好きな人は退屈凌ぎができて時間潰しになる。

2階の部屋から何冊か本を持ってきて読み出してみても
年のせいか目も疲れてきて長続きしない。
そんな時漫画「ののちゃん」「となりの山田くん」なんてぴったりだ。

梅雨が明け適度な濁り潮のタチウオ、澄潮の大形キスが待ち遠しい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 00:59 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

リカステと白色のアマリリス咲く

らんの仲間リカステ。
強烈な香りを撒き散らしてる。

前回赤のアマリリスを紹介しましたが今回は白色です。


001.jpg
リカステ


002_01.jpg

002_02.jpg
白のアマリリスとその蕾


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:19 | 神奈川 ☔ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

車で行く能登半島(3)〜 ロイヤルホテルの大ハプニング

最終の宿泊地能登ロイヤルホテルは
半島一番のスケールと豪華さを誇るホテルのようだ。

ネット予約でツインルームのチャージ料金が13,000円の部屋を取ってある。
このクラスとしては一般的と思えるのだが
チェックイン時フロントスタッフの人がびっくりするような話をし出した。

  「今キャンペーン中で通常1泊80,000円のスイートルームが
     5,000円プラスで提供できるのですがご利用なりませんか」

と言うではないか。
つまり18,000円で80,000円の部屋を用意すると言うのだ。

こんな話長年旅してるが後にも先にも聞いたことがないし
世の中そんなおいしい話滅多にあるもんじゃない。
ご利用なりませんかも何もない。
ハイハイの二つ返事で商談成立。

とにかく旅の宿泊はホテルのツインルームの室料が
10,000円〜18,000円ほどが自分なりの相場だったから
80,000円なんてとんでもない。

北海道だってフェリーの特等A室の常用だが
スイートルームは使ったことがない。
いやいやびっくりしたよ。

案内してもらったのが7階の角の部分のスペースを全部使っているから
窓は3方面にあり全部の広さは目算で200平方m以上。
入口ドアを開けると8帖ほどのアプローチの右側に30帖ほどの寝室。
左側に居間が約40帖。
浴室6帖。
トイレ2帖。

一般のツインルームが20〜30平方mだからその10倍の広さ。
トイレ2ヶ所大型テレビ2台。
中型冷蔵庫に上品な備品。

うわぁーこれで1泊18,000円!
感激!

前回の四国の旅は全くついてなかったが今回の鯖街道から能登の旅は
飲食共々グッドトラベル言うことなしの大満足。


001.jpg
寝室は30帖


002.jpg
40帖はあるかと思えるリビングルーム


003.jpg
バスルームは6帖


004.jpg
2ヶ所あるトイレは3帖ほど。


005.jpg
アプローチ8帖


006.jpg
ご立派な全景


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:16 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする