2012年04月08日

毎日半強制的に食わせられてる

時に化学調味料の怖さを記事にしているけど嫌だ嫌だと言ってても
スーパーで売ってるおおよその食材には紛れ込んでるから
逃れようのないのが実状だ。
だからこの前のユウキ食品のように無添加のものには共鳴するのだが。

基本調味料の醤油、味噌は元よりありとあらゆる食材に
よくもまあここまでと思う程原材料の表示を見ると混入されている。

言い方を変えれば化学調味料会社の営業マンが売り込みにかけては
桁外れにそのテクニックに長けているのだろう。

例えば一つ。

ワサビ漬けなる練り製品があるが全てと言っても良いほど混入されている。
一体何故なのか。

伊豆半島の筏場に知り合いに古くからのワサビ農家があって
自家製のワサビ漬けには無添加だがこれがめっぽう旨い。
自然材料だけでこれ程の旨味を作れるのに
何故あえて化学調味料アミノ酸を添加しなければならないのか
一度製造元に聞いてみたい。

消費者より先々に製造業者が
自ら問いかけてみる時期にきてるように思われるのだが。

良からぬ食材は直々には影響は現れないけど
ボディブローの如く先々には悪影響が出るからとても怖い。

特に子供達に。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:11 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする