2012年02月23日

税務調査

2月6日〜7日にかけて10年ぶりに税務調査が入った。

つまりこの企業は税金を定められた規則通り
ごまかすことなくきちっと納めているでしょうね、
ということです。

とにかく何々署と署の付くのは警察署、消防署、それに税務署と
いわゆる国家権力を持った役所だからおっかないね。

中小企業の調査でまず初めに見る項目は交際費のようです。
次にこれの領収書関係。
ここが企業規模に対して突出してると追及され

「あなた、これ社長さん個人の飲食費ではないんですか」

なんてことになって、
この様な材料が判明すると当然他にも何か細工があるんじゃないかと
追及の手は一層強まり痛くもない腹を探られかねなくなる。

もう一つ。

福利厚生費。

経営者だけの楽しみのためだけに支出してる費用を
この項目で処理する場合は追及の的になる。

昔ダイビングをしてた時はクルーザーに係わる費用を
一切この福利厚生費で処理してた。
前々回だったかの調査時

「このクルーザーを従業員の方々は月に何回くらい何人の利用がありますか」

と聞かれたがその通りの事を説明し問題にはならなかった。
それでもこういうことの受け答えだけでもうっとうしい。
だから今のダボハゼ丸は会社とは切り離しポケットマネーで維持してる。

大体従業員を連れて行くのが面倒だし億劫だから
船を所有してることも知らせてない。
この方が気分的に多いに楽だ。

話が逸れてしまったが税務調査では当然何ら問題になることはなく
2日間の予定が1日そこそこで終わったけど
その間、経理事務員と税理士共々立ち会ってなければならず
おもしろいことは何もない。

一般的には5年に1度の調査があるようだが調査毎問題のない企業には
今回のように10年程の1度くらいらしい。

政治絡みでもっともっと膨大な納税逃れの所があるんだから
そっちを徹底的に絞れば良いと思うのだが
そんなこと言ったって始まらない世の中ね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:09 | 神奈川 ☔ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする