2012年01月08日

すしざんまいの木村社長に拍手喝采

正月早々いやぁ〜お見事!参りましたぁ!

何がってね東京築地の中央卸売市場の初競り。
269kg大間の本マグロが何と5,649万円で競り落とされたと
全国のメディアが一斉に報じたのはご存知の通り。
落札者はすしざんまいのチェーン店経営、株式会社喜代村の木村清社長。

いやぁー何とも天晴れではありませんか。
この報道一べつするだけでは
ほーう凄いねー、旨そうなマグロねー、で済んでしまうけど
ところがどっこい木村社長の頭の中はマグロなんてどうでも良かったんでしょうね。

つまり正月早々のビッグニュースを創作することにあったと。
これだけの大きな話題を作れば
社名、店名はマスメディアが勝手に全国津々浦々にまで知らしめてくれること
きっちり計画があった。
そしてそれが見事に的中した。

仮にこれほどの宣伝広告費を予算に上げたら億単位間違いなしでしょう。
それを5,649万円で可能にし旨いマグロも手に入ったとなれば
全く天晴れとしか言いようがない。
拍手喝采だ。

大体マグロなんて代物は歩留り悪く
269kgといっても頭や骨、それに内臓と血合い鰭や皮を除去し
実際に鮨ネタに使えるのは50%にしかならない。
5,649万円で仕入れてもその倍が仕入れ原価になる。

報道関係によるとこのマグロを一貫10〜20g使って130円〜420円で売ると言う。
えーっといくらの赤字になるのかな。
計算面倒だ。

木村社長は当初からマグロを売って利益を出そうなんてこと毛頭なく
とてつもなく安上がりな宣伝広告費と算段してた訳だから
むしろ値段が上がるほど話題性は高まるし
他の入札者は足元にも及ばない図式になり
この一件木村社長の満塁場外大ホームランでお見事としか言いようがない。

初競りでこれほどビッグニュースになったのは今まで記憶にないが
これがオリジナルだったからこそ成功した訳で
来年は知恵を得た入札者も現れることだろうし
果たして二匹目のドジョウ、じゃなかったマグロはどうなるのでしょうね。


001.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:30 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする