2012年01月16日

トゲハナスズキ 〜 1月13日釣行

前回はヒオドシを釣ったが今日はトゲハナスズキなるこれまた珍魚が釣れた。
20cmほどの大きさにしかならずケバケバしい色合いだ。

そこでまずは食べてみないことにはと思い片身を昆布締め、
一方を天ぷらで食したら上品な白身でとても両方共旨かった。

アマダイ450gとオニカサゴ750g
それに良形のアカボラ(ヒメコダイ)を10匹程が今日の釣果で
Aさんは同形オニカサゴ3匹にソコイトヨリ、ヒメコダイ、
あっ、そうそうまた写真撮るの忘れたけどヒオドシと赤い魚が大漁だった。

水温も三保沖で14度台になってたので
そろそろ良形アマダイがいいんじゃないだろか。

一匹だけ“良形シメサバ”が掛かったんだけど船べりでバレた。
くやしぃ。。。


001.jpg
トゲハナスズキ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:07 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−ヒメコダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

高速道インターから本線へ

高速道や自動車専用道路を毎日利用するのだが
その都度感じるのがインターから本線へ上手に流入してくる運転者の少ないこと。

以前にも少し書きましたが本線上走行中の車にストレスを与えることなく
スムーズに流入すべきが最低限のマナーであり上手な運転技術のはずなのに
そんなのおかまいなしのマイペースで入ってくるのがとても多い。

高速道は開通後長年経っているのだから初めて利用する運転者は少ないはずで
それならもう少し周囲の状況を読む習慣を付け
運転技術の向上を図れないものだろうか。

少なくとも自分の運転する車のパワーがどれ程かを把握し
流入しようとしてる本線上の後方車の速度を読み
ここでパワー全開にアクセル踏めば後方車にストレスを与えず
その前方に流入できるのか、無理なら先に行かせ後ろに入るのかを瞬時に判断し
アクションを決める所、前にも出ない後ろにも付きそうにない、
しまいには本線上車と並走してしまうなんて最低の運転者も結構いる。
本線上の車だって右に避けられない場合がありこれ程迷惑なことはない。

今時もっと上手な運転技術を身に付けたいものです。
一応先進国なのですから。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:17 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

軽自動車の魅力

たった一人が移動するのにランクルはいかに大袈裟過ぎはしまいか。
言い換えれば随分な無駄ではあるまいか。
人が移動するというよりでかい車を移動させるのに
人が付録で付いてくるだけみたいだ。

それでも3台にわたってランクルに乗り続けてるのはメルセデス同様に
当たっても当方に被害が少なくて済むからだ。
それに約2.8tの総重量の車体からどっしりして
悠々の走りっぷりは長距離にも疲れない。

一方ダイハツの軽自動車ハイゼットデッキバンというのがあって
ワンボックスの後ろ30%ほどだけ荷台になってる車。
デザインがおもしろくランクルと併用で12万kmほど乗ったことがあるが
こちらは一人を移動させるのには正にぴったりサイズだ。
5速マニュアルトップだったが長距離も楽しさがあって村上や秋田まで何度も行った。

先にも書いた通り一人の移動ならこれでも十分とは思うが
当たったらひとたまりもない不安は大いにある。
片側一車線の直線路では対向車が居眠りでもしてはみ出してきたらアウトだ。

そうそうこの車パート4WDだったので高速の雪路にも強かった。
マリーナ通いにもいいのではないかな。

ダイハツの軽自動車、よくできていて中々いいですよ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:42 | 神奈川 ☀ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

車旅

おおよそ40年の間、時間を作っては国内の車旅をしてきた。
宿泊場所はほとんどが人口が3万人以下の街中ホテルか温泉宿。
大都市は魅力を感じないからできるだけこうしてる。
そしてその地域のいわゆる観光場所も1度だけは行くようにして
2度とは訪れることがない。
魅力に満ち満ちた所を除いて。

人口3万人以下にこだわるのは街全体が静かで閉鎖性は強くても
穏やかにそこに住む人々の生の声を聞くことができるし
大都市のようにギスギス感がない。

飲食店だって大都市は企業関係が多いけど小さな街では地元の人達が集うから
その土地でしか聞くことができない話にも大いに興味が持てる。
宿泊施設も兼価だし良いこと尽くめだ。

様々な場所に旅をして北海道だけは不思議なことに独特な魅力があって
何十回訪れても飽きることがないばかりか
半月も経たないうちにまた行きたくなり旅支度を始めるなんてことも何回かある。
自然の中に身を置くのが楽しいからだろう。

車旅は思いついた時いつでも出掛けられるし
重い荷物を持つ必要もなく時間にも縛られず飛行機嫌いときてるから
正にぴったりの旅スタイルだ。

ところで旅はどのくらいの日数が理想と思いますか。

一番無駄が多く楽しみが半減するのが1泊2日旅。
行きと帰りで二日消費するから目的地に1日いることができない。
短時間の旅でも2泊3日が理想だろう。
丸1日目的を楽しめるから。

いつもの北海道の旅はフェリー泊を入れず5泊6日の日程が多いのだが
実の所5泊目になるとだれてきて気合いが入らなくなる。
旅先での宿泊は4泊がベストだと個人的には思う。
フェリー泊を入れると5〜6泊になるのだが。

どこかのトラベルライターが言ってた。
旅とは帰る所があるから旅も楽しいのだと。
的を得ているようだ。

いずれにせよ旅とは非日常へ世界に身を置く楽しさだ。

こんな記事を書いてたらまた北海道へ行きたくなったけど
船がやきもち焼くから我慢我慢。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:39 | 神奈川 ☀ | 【旅】−旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

釣り魚の大きさ

一般に魚釣りには数多く大きな魚が釣れれば釣り師の本望ですね。
数はともかく大きさがこれと正反対の釣りってご存知ですか。
そうです、小さければ小さいほど満足いく釣りがあるんですね。
これタナゴ釣りです。

小川の淀みの浅場にいるタナゴ。
これは小さければそれだけ自慢になる。
俗に一寸以下、つまり3cm以下の魚体。

タナゴ釣り師はこれが釣りたいがためにせっせと通うそうですよ。
沖釣り師には考えられないことですが
それでも何となくおもしろさが伝わってくる気がしないでもない。

勿論観賞魚にしないのであれば全て放流になる訳だけど
いやしかし考えてみるにかなり優雅な釣りにも思えてくるけど如何ですか。

道具類にも結構凝るようですよ。
日向の水辺に腰を下ろしチマチマ感しないでもないが
大勢のファンがいるそうです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:59 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする