2012年01月21日

雨と車

今年になってから雨降ったかなぁと思う程だったが
やっと昨日から本格的なのが霙混じりで降り出した。

車が汚いから雨降るといいなぁなんて思ってたところだった。
これで少しばかりきれいになるかな。
車の掃除しないから2年毎の車検時デイラーがしてくれるのみだ。
何てこたぁない2年に1度しか洗車しないんだな。
横着もここまでくれば立派なもんだ。

船は帰港毎真水で洗ってるのにこれが同じ人間かなんて思ったりする。

この前デイラーの人に聞いたんだけど
雨が降ると車に乗らない人っているんですってね。
これにはびっくりした。
何でも車が汚れるからだそうだ。
こちとら反対にきれいになると思っているのに。

世の中いろいろだな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 12:29 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

中深のウマズラハギ 〜 1月19日釣行

等圧線も気象予報も問題なさそうなのだが
何となく北寄りが吹き出しそうな予感の中、三保沖オニポイントへ。

若潮なのだが大きな2枚潮にになってる様子で
船べりから垂直に糸は入るのだが
魚探とリールの深度表示が40mも異なり根掛かり連発。
それも針スではなく片テンが引っ掛かり仕掛けのロスばかり。

Aさんも同じらしく根掛かりと奮闘してる。
きっと底の潮流れが異常に速いのだろう。
早々にギブアップ。

さて何をやろうか。

中深のアジをやろうと反応探しをしてたら
アジではなさそうだが何やら魅力的なのが現れた。
100mほどの立ちで平根があるみたい。

仕掛けを入れたら早速喰った。
それも結構な手応えで慎重に巻き上げてAさんのタモに入ったのは
見たこともない大きなウマハギだ。
こいつは旨いんだよなぁ、なんて言いながら潮回りし乗せる度に良形。

気を良くしてやってたらそれこそ急激に北が吹き出してきた。
6〜7m。
船はドンブラコでこれはかなわんと航路へ避難しアカボラ狙い。
だがここもすぐにドンブラコ状態。

帰港準備してたら土肥行きフェリーがいつもの航路を外れ
岸寄りコースに由比方面に向かっている。
波風を避ける為岸寄りコースを取ったようだ。
それ程ひどい。

予報が当たってしまった辛い釣り日和でした。


001.jpg
Aさん良形でご機嫌。


002.jpg
船頭も。


003.jpg
950gは立派。こんなでかいの見たことない。昆布締めの好材料。


※ 魚関係のホームページや魚類図鑑などの説明に食性は見たことないが
釣り師の立場から感じた食性を書くとカワハギのような小さな口ではあるが
餌を喰う様子は一発で食い込むのではないかと思われる。
カワハギのようにホバリングしながらついばむのとは明らかに違うようだ。

群の中に餌を落とすと一発で針掛かりするのが常で
どちらかと言えばシロギスのような食性ではなかろうか。
想像ではあるが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:17 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−ウマヅラハギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

新しい道具で旨いふりかけを作った

いきなりですが18,375円のものが6,280円で買えたのには驚いた。

これね、イワタニのミルサーIMF-800DG。
乾燥した食材を粉末にするミキサーみたいな物。
アマゾンの通販であまりの兼価に飛びついちゃった。
今まで使ってたのは連続1分間しか回せず
しかも顆粒にはなるが完全には粉末にならなかったのが5分間回せ粉末にできる。

従来のは刃の回転で細かく刻んでいたのだが
これは単なる金属板を毎分2万回転させ打ち砕いて粉々にする。
切り刻むという常識を覆すやり方だ。

これを使ってこの前釣ってきたオニカサゴを昆布締めにした後
昆布と出し汁を取った後の鰹節と鯖節にしいたけ、
それに海苔と青海苔に白ごまを混ぜてふりかけを作った。

旨っめぇーの何の。
孫がスプーンで後を引くように食べてた。

ひと仕事終えた昆布といわゆる出し殻からそれはそれは美味しいふりかけ作り。
全く無駄なく食べられる。


001.jpg
材料を入れるカップ、大中小にスイッチカップ。


002.jpg
一般に歯が付いてる部。
刃のように見えるが単なる金属板。


003.jpg
オニカサゴの昆布締め。


004.jpg
昆布締めの後の昆布などで作ったふりかけ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 12:34 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

アカボラの実力

この魚、以前にも記事にしてるけど重複しながら改めて。

この魚とスソウミヘビが居る所はアマダイの住処と言われるが
むしろアカボラが本命でアマダイは外道とした方が良い釣りができる。
100m立ちからこいつのために巻き上げるのは理に叶わないけど。
だから一匹喰ったら追い喰いさせて
二匹いっぺんに釣り上げるようにしてるのだけど中々思うようにはいかない。

いつも食べて旨いと思うのだがそれもそのはずハタ科なんですね。
バカにしちゃあいけないな。
小さいけど歩留まり良く、見るからに旨そうな姿や色合い。

何でも三浦半島にあるフランス料理店のシェフは
この魚が市場にあると買い占めてきてカルパッチョの食材にするとか。
知る人ぞ知るなんですね。

なんだかアカボラか、なんて海にポイしちゃもったいないですね。


001.jpg
美味しそうでしょ。


002.jpg
腹わた少なく手がかからない。


003.jpg
今回は天種にしました。
かーちゃんと2人分は十分ありますね。
刺身、昆布締め、干物、何にしても旨さではトップクラス。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:22 | 神奈川 ☀ | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

前回バラしたシメサバ確保 〜 1月15日釣行

由比沖から西倉沢のアマダイポイントの水温は14度少々で
凪も良く潮流れも申し分ない。
これで釣れない訳がないと気をよくしわくわくしながら仕掛けを落とすも・・・

音沙汰ない。

じっくり全部のポイント上を流すも手応えなし。

ソコイトヨリ、ヒメコダイはぼつぼつなのだがアマダイはAさん共々
中の小を1匹づつ。

痺れを切らして航路へ転進。
実績あるポイント上を何度も流すもここも同じ。

巻き上げ途中でゴマサバの良形が掛かった。
前回バラしているので慎重に取り込んだ。
これで旨い締めサバが食える。

それにしても水温14度でアマダイが釣れないとはどうなってるんだろ。
今後も探索してはみようと思うのだが南は底引き網が入っているだろうしなぁ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:46 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−サバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする