2012年01月26日

厳冬の海(1)

マリーナの船もさすがに今の時期出航は少ない。
それでも神奈川の住まいから比べると静岡は2〜3度程気温が高い。
だがこう寒いと足と手の指先は千切れる程の船の上。
足はホカロン貼って上着の両ポケットにやはりホカロン入れ
手先使わない時は両手を突っ込んでる。
つまり置竿釣法が多くなり比例して根掛かり多発する。

餌付けだって餌をつまんでるのかどうかの感覚すらなくなる時がある。
こんな時、意外な方法もある。

海水をバケツに汲んでその中に手先を入れると温かい。
何しろ空気は2、3度だが海水温度は15〜17度もあるのだから
ぬるま湯に入れてるようなもんだ。
ただし出した手はしっかり拭き取らないと冷たさが倍増する。

ダイビングをしてる冬の時期は早く海に入りたくなったのもこんなことからで
時々どこそこの海で寒中水泳なんてやってるが
端から見るとウワーッ冷たそう、、なんて思ってるけど
意外と温かいんですね。
出てからが大変だけど。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:14 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

デカトリオ 〜 1月24日釣行

北寄りの季節風は今日も強力にお出迎え。
三保沖ウマズラハギポイントは結構なお波の洗礼を受けながら
指先感触麻痺状態。
2人共釣りバカ釣りキチとっくに通り越してるわ。

ウマの棚より下げてひょっとしてアマダイなんて思いながら誘い上げてたら
下から2〜3mほどのところでギューンときた。

ウマじゃないなぁ、ひょっとしたら思惑通りかなぁ、なんて
85mから慎重に上げてきてAさんのタモに入ったのは
正にひょっとしてのアマダイ。
それも良形。

Aさんは早々に良形ウマを5枚も釣ってる。

次にオニのご機嫌をと移動。
すると重り着底しラインのふけを取った途端ゴゴッときた。
オニだとすぐに分かる感触。

Aさんにキロオーバーの本命だよ、
なんて言いながら上がってきたのは立派なオニ。
制限時間になって後ろ髪引かれるように帰港。

あーくたびれた。
大波のおかげ様で。


001.jpg
デカアマ


002.jpg
デカウマ


003.jpg
デカオニ
あんじょい揃った。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:28 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

鯛の鯛

オニカサゴのあらを煮て食べながら胸鰭の付け根から鯛の鯛を取りだした。

この骨特別鯛に似てはないが
幼魚のイメージがあって硬骨魚類にはあるようだ。
オニカサゴも硬骨魚類のもっともたる魚だから当然ある。

食べながら探すと楽しいです。


001.jpg
オニカサゴの鯛の鯛。
左右各胸鰭の付け根に一つずつある。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:55 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

車の燃費

新燃料測定モードJC08で30km。
従来の10.15モードで32kmをガソリン1Lで走る
ハイブリッド車顔負けもような車が発売だと。
軽自動車ではあるがダイハツから。

つい最近まで軽自動車の燃費っておおよそ悪かったですね。
むしろ普通車の方が勝ってた。
エンジンが660ccしかないのに4人も乗せて走る訳だから
目一杯回転数を上げいわゆる回転馬力に頼らざるを得ないから
いくら排気量が小さくても燃料を喰う訳だ。
そこのところをダイハツの技術陣はクリアした。
かなり凄いことではないか。

どんなメカニズムだか知る由もないが
この技術を普通車にも生かした車が当然今後出てくるに違いない。
ハイブリッド車や電気自動車より兼価だろうし発売されたら売れるだろうな。

とにかくきょう日ガソリンが高すぎる。


001.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:53 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

ウマズラハギとカワハギ

ウマズラハギの群が沢山見つかると夢中になって釣ってしまう。
結構大きな群れもあって
そんな中に仕掛けを入れれば間違いなく一発で喰ってくる。
餌はオキアミを使うが一匹そのまま針に引っ掛けるだけ。

ここでほんと不思議に思うのだが何故一発で喰ってくるのか。
あの小さな口で。
どう見てもオキアミ一匹丸飲みできるような大きさではない。
カワハギと全く違う。

カワハギ釣りは全神経を竿先と、かすかな当たりを感じ取る手元に集中させての
誠に微妙な釣りで自分には性分が合わないから好きではない。

同じカワハギ科の魚で口の大きさも同じ様なもので何故こうも違うのか。
カワハギはホバリングしながら餌を取ると言われるが
ウマズラはキスのように餌を一気に吸い込むのだろうか。

そう言えばカワハギより尖った口先をしてるから
案外そんなところにヒントがあるのかも。

カワハギと違いダイナミックな釣りではあるし
性分に合った釣りでとても楽しい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:47 | 神奈川 🌁 | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする