2011年12月06日

物凄いうねり 〜 12月4日釣行

早朝北東3〜4mほどで湾内は良い凪。

ところが外海は南からの大きなうねりがあり
鯛場から南は恐ろしいほどのうねりでAさん

「こんなんでアンカー打てるかいなぁ」

と聞いたら

「大丈夫よ」

なんて涼しい顔して言う。

反応はぼつぼつあるから呼吸を合わせて何とか反応に乗せられ
2人共釣果が出てきたが
何しろエレベーターで上下してるみたいで凄いの何の。

潮流れが南へ行ってるのにうねりは南から入るので船尾からまともに受ける。
後ろからくるうねりを見てると

(うわぁー!)

なんて思わず声が出るのが次から次へ。
それでも根性で釣り続けるがデカ魚のバラシが多い。
1人3匹でかいのバラシてる。
マダイとクロダイだ。

10時頃になるとうねりは少し小さくなってきた。

今日の一番嬉しかったのは丸々としたマサバ。
旨い締めサバがおつむ内でちらちら。

釣り上げたサバはその場で頭と内蔵を取り去り、カモメにプレゼント。
内蔵に付いてるアニサキスはサバが死ぬと身の中に入り込むというから
締めサバにするにはこれが一番良い方法だ。

2人共そこそこ釣れた。

昼頃に追い波に押されながら湾内へ。
湾内は全く静かで外海のうねりが嘘のようだ。


001.jpg
Aさん食べ頃サイズ。
背後のうねりを見てください。


002.jpg
このマサバはお宝物。
マルアジ、クロダイ、ゴマサバ、イトヒキアジ。
まさに五目釣り。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:06 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−サバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする