2011年12月21日

東の空に夕焼けが?!?!

写真の夕焼けは東の空に現れてます。
こんなこと滅多にないのだが。
最近の珍しい現象を撮ってみました。


001.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:40 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

もうちょいで船がひっくり返りそう 〜 12月18日釣行

今日もはなからアマダイを諦めこませ五目で久能沖へ。

前回と同じく三保崎を回り込んでから南からのでかいうねりがあったが
ポイントまで強行。

反応はそこそこ出ているのでやってみるかとバウでAさんアンカーを入れた。

横から3mのうねりが波頭を白くして迫ってくるうち
何とかポイントに乗せて2〜3回仕掛けを下ろしてみるも
うねりをもろに横から受けてしまう状態で
いくつかに1つ来るどでかいうねりで船が危険に晒されて
少々やばいかもよと諦めた。

アンカーをウインチに巻いてるAさんが
4階ほどのエレベーターの上下を繰り返している。

どうしようもないから前回同様由比のアマダイの様子見に。
水温は15度前後と下がってはいるが。
他船も5艇ほどやってたが芳しくなさそう。

そうこうしてるうちにAさんが中クラスを釣り上げた。
昼頃までに3匹追加して4匹に。

ところが船頭は天種ばかりで終了。
少し期待がもてそうな今後に。


001.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:03 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

かーちゃんのへそくり

心臓手術をする前のこと。

夜中に発作を起こし隣の部屋で寝てたかーちゃんが
息も絶え絶え倒れ込んできた。
早く市立病院へ連れて行ってとやっとこさ言う。

手には何やら手提げ袋を掴んでいて私が死んだら開けてと差し出す。
とっさの判断でへそくりが入っているんだなと直ぐ分かった。

安心させるため死にゃあしないから預かっておくよ、と受け取った。

大手術はその間もなく後に執刀され成功した。
だからへそくりの中身は見てないから
一体どのくらいなのかしらと今でも分からず仕舞い。

今までの算段からするとかなり暖めてる筈だぞ、
なんて思いながら退院したかーちゃんに戻したけど。

一体世の中のかーちゃんはどのくらいへそくり持ってんだろな。
なんてちょっと気になる今日この頃。

そんなことは分からなくても
かーちゃん生きて帰ってきたんだから全てそれで良しと。

いや、でもでも、、もしかしたら俺より持ってんじゃないかな。
まぁいいことだけどな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:49 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

赤い魚

魚釣りには狙った魚と外道が必ず釣れるが
この外道がとてつもなく魅力ある魚なら大喜びになるのだが
そうでない場合(またこいつめが)なんて針を外して放っぽり投げてしまう。

ところがちょっと待ってください。

例えば底物釣りに毎度顔を出す
サクラダイ、アズマハナダイ、カスミサクラダイ、シキシマハナダイ、
それにベラ類がこれらの筆頭だろうけど食べようとは思わない。
だからポイしちゃうんでしょうけど。

味噌汁やすまし汁を作る時、煮干や鰹節などで出し汁を取るけど
今時煮干も鰹節も結構な値段がする。
この出し汁を取るのにこれらの赤い小魚は白身魚特有の良い出しが取れる。

鱗も取らず腹わただけ除いて水から鍋に入れて煮出せば
それはそれで良い出しが取れる。
最後は漉してしまうので鱗や頭それに骨など取り除く必要はない。
ただ煮るだけで良い出しが取れるのだから使わない手はない。

ナニ?ウチではインスタント味噌汁だからそんなん必要ないってか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:43 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

70才過ぎたらがんは放っておけ

どこかの週刊誌の見出しに表題のようなことが出てたけど
なるほど一理も二理もありうまいこと言うなぁと思ってしまう。

がん細胞良悪性を見分けるのにその組織を採取し
いわゆる生体検査(生検)してみても良性が実は悪性だったり
悪性と判断したものが実は良性であったりすることが度々あることは
医療界の常識らしい。
だから切らなくてもよかった良性を取ってしまったケースは
相当数に昇るそうだ。

一方悪性の場合そこを取っても肉眼では見えない小さな細胞が取りきれず
そこから再発したり他に転移があったりで中々難しい問題らしい。

身の回りでがんで亡くなっていく人がいるけど
反対に10年以上も前にがん手術をしたけど
今はぴんぴんしてるなんてケースの方がどうも多いように感じるのは
このあたりのことがあるからなのではなかろうかと
素人ながら考えたり専門家でも指摘する人がいる。

このようなことを考えると確かに70を過ぎたら放っておくのも
選択肢の一つになるなぁと70を過ぎた今考えてしまう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 12:11 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする