2011年10月26日

車で行く北海道(25)〜 小樽から釧路

ゆうかりは定刻の早朝4時30分、小樽港の岸壁に接岸。

銭函の宇佐美で給油し釧路へ向けて高速に乗る。
北海道はどこへ行っても家の庭のように知り尽くしているから気楽なものだ。

札幌インターの先で道東道に入る。
函館からの道央道は少ない数ながら車は走っているが
ほとんどが乗用車でトラックは国道利用が多い。
それほど時間的メリットがないからだ。
それが道東道に入るとほとんどと言うより全く車が無くなってしまう。
何十キロ走っても1台の対向車が無く同方向の車も無い。

北海道の高速を延ばす時の賛成と反対の政治屋さんのやり取りシーンの一幕。
反対の政治屋さんが

「車が全く通らない高速を延ばすのにどのような意味があるのか、
   通るのは熊ぐらいだろ」

と言ったら賛成の政治屋さんが

「あんた熊が通るの見たことあるのか」

と噛み付いた。
多分賛成方は中川一郎セイセイではなかったか。
あの立派過ぎる国会議事堂で、かくも“高尚”なやり取りが行われてたんだな。
利用する側から見たら血税の無駄遣い以外何ものでもない。
いや今回も利用はしてますがね。

東京湾アクアラインだってハマコーセンセイでしょ。

「やはり国会で私が作る前から指摘してたように
      通行量が少なく採算が取れてないでしょ」

と、あるセンセイ。
そしたら

「作っちまったもんしゃあんめい」

とハマコーさん。
この国の政治レベルは優れていることですよ。

とんでもない所に話が行ってしまった。戻します。

道東道のパーキング及びサービスエリアには
給油所はおろか食事が出来る所は一ヶ所もないので
そのつもりで利用しないといけませんね。

10月29日から夕張と占冠間が開通するが今回は利用できず
日勝樹海ロードの紅葉を楽しんだ。

占冠村は全国で1番気温の低いマイナス30度はしばしばで
マイナス35.8度なんて想像のつかない低温もある所だ。

その占冠から白糠までは再び道東道を走り
白糠からこれまた紅葉の見事な釧勝(せんしょう)峠を通り釧路へと入る。

そして大好きな漁港へ。

次回はノロッコ号乗車です。


001.jpg
全く車のない道東道。


002.jpg
紅葉の日勝樹海ロードの下の方。


003.jpg
高度が上がると濃くなりだす。


004.jpg
峠はきれい。


005_1.jpg

005_2.jpg
釧勝峠の紅葉。


006.jpg
裾の色づき。


007.jpg
国道もこれまた車は滅多に無い。


008.jpg
釧路に入る。


009_1.jpg

009_2.jpg
釧路港の漁船群。

この界隈に旨い飲食店が集まっている。
その1軒 和食の「錦」(にしき)は旨いものを食わせる。

なお釧路と言えば炉端焼きだが
多くの店が自分で焼いて食べる方法なので面倒で好きではない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:01 | 神奈川 ☀ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする