2011年10月23日

親しい漁師さん

今の前の船、第二ダボハゼ丸の頃は沼津界隈から伊豆半島西側がテリトリーだった。
この地域の何人かの漁師さんと知り合いになり親しくしてた。

鯛の養殖をしている漁師さんは

「うちの網に船を繋いで網から脱走した鯛を釣ればいいよ」

なんて言ってくれて半天然半養殖なんて訳の分からないのがよく釣れた。

鰺の養殖漁師さんからは鰺を沢山もらった。
近くの料理店にも出してるとかで
天然物よりすこぶる旨い鰺だったのが懐かしい。

清水に移る時も「湾を横断してちょくちょく来いや」なんて言われたが
その後一度も行ってない。

一方乗合船の漁師さんからはワラサ根のヒラメポイントと仕掛けを教えてもらい
随分大きなヒラメを何枚も上げマリーナのスタッフを驚かせたりもした。
今考えると沼津の漁師さんは気心の大きな人が多い。

石花海へ行きたく今の清水に移ったのだがどちらも満足のいく楽しい沖釣りだ。

そうそうヒラメはネンブツダイの泳がせでも釣れたなぁ。
教えてもらった漁師さんにも何枚かあげたがネンブツで釣れるとはと
驚いていたのを思い出す。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:40 | 神奈川 ☔ | 【釣】−船の履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする