2011年10月06日

“旨”づらはぎの薄造りは旨い

この魚タチウオと同じで鱗が無く下ごしらえがほんとに楽。
釣り上げた時、1匹1匹血抜き活き締めしてるから血も出ないし。
いくら釣ってきても苦にならない。

個体によっては腹の臭うのもあるが身は大丈夫。
苦玉を潰さないようキモを大事に取り出すことだけちょっとコツがいるかなぁ。
身はしっかりしてるから包丁は使いやすいし
小骨も少なく食べれば何にしても旨い。
正に優等生の魚だ。

そうそう表側の皮は手で剥がすことができるが
その下に薄皮が付いているから刺身で食べる時はこれを引くことになる。

昨日は薄造りにしてポン酢で少々辛いもみじおろしで食べたが旨い旨い。


001.jpg
表側の皮を剥いで頭と腹を取って下ごしらえが済んだ。


002.jpg
3枚におろした。


003.jpg
薄造り出来上がり。


004.jpg
取り出したキモ。


005.jpg
湯引き後包丁でたたいたキモ。


006.jpg
薄皮の酢締め。
小鉢は三上 亮さん作陶。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:07 | 神奈川 ☔ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする