2011年09月25日

北海道小樽市のオタモイ海岸

石狩湾の海岸に革靴が揃えて海に向かって脱いであったそうな。

JR北海道社長の入水自殺は道民に相当なショックを与えたことだろうし
北海道が大好きなこともあって悲しく受け止める出来事ではあった。

中島尚俊社長はどこかの電力会社の社長と違って
繊細な神経をお持ちだったのだろう。
気の毒でならない。
まだ64歳というこれからの人だった。

いつも利用してる新日本海フェリーが小樽港に出入りするすぐ近くに
切り立った崖が続くオタモイ海岸という景勝地があって
その沖合1kmの海で変わり果てた遺体で見つかった。

地元ではこの場所は何やら心霊スポットになっているようで
それはそれで偶然だったのだろう。

12日に行方不明になって18日に発見されるまで
靴のあった所から30km離れてる場所だ。

事故多発と労働組合との修復も思うように進まず気にかけていたようだが
あれだけの大きな組織なのに社長を補佐する
優秀なブレーントラストがなかったのかしら。
あるいは優れた片腕とか。

北海道にとって大きな損失だ。
ご冥福を祈らずにはいられません。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:50 | 神奈川 | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする