2011年09月22日

オニカサゴの歯

オニカサゴの鰭に隠れたおっかない棘のことは時々書いてるけど
この魚歯も中々曲者で一見何てこたあないようだが、これは細かいからで
タチウオの様に鋭く長い見映えのするようなものでないからね。

例えば1kg前後のオニを素手でバス持ちでもしようもんなら
指先に血が滲むことになる。
暴れた時、棘に刺される危険があるからぎゅっと強く持つから尚更だ。

だからこの魚、釣り上げる度針スのチモトを確認すべきだ。
あのざらざらした細かい歯で擦れると傷が付き
次に大物を掛けたらぷっつん、なんてね。

一般のものより細い4号を針スにしてるから特に注意するし
針には4回しか巻いてない。
できるだけ歯に当たる部分を少なくするためだ。

まあ棘に比べたらおっかなさは少ないけど侮っては危ないね。


001_1.jpg

001_2.jpg
あまりのアップで少々見づらいかも知れませんが
ヤスリの様な細かい歯がびっしりと。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:45 | 神奈川 ☀ | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする