2011年09月18日

プロペラのトラブル

遠方のポイントに行く時は真っ暗闇の中出港する。

Aさんと4つの目で海面を凝視し
障害物やごみを避けながら港内は8ノットほどで
外堤防を出てもせいぜい15ノットほどの航行。

外海に出ると月明かりでもないと全くの闇の中だ。
もちろん海面も見えず遥か先の陸の明かりが帯状に見えるのと
灯台の火だけだから障害物は半分運任せだ。

一度水面下ぎりぎりにあった丸太にペラを当ててしまい
Aさんとやっちゃったねぇなんて言いながら
振動するペラを騙し騙しスロー回転にし帰港したことがあった。

昼間だったので30ノット近く出てた。
船外機やドライブ船ならチルトアップで障害の度合いを確認できるが
シャフト船は点検口から見えるだけだから定かではない。

上架して見たらペラの一枚が大きく曲がってた。
修理に13万円かかった。
保険は免責10万円だから3万円しか使えず10万円の散財。

ついこの前は土のう袋を絡ませ
これはAさんが取り除いたがやはり振動で分かった。

台風後の海面もしばらくは油断できない。
海面に出てない障害物は注意のしようがない。


001_1.jpg

001_2.jpg
ロープなどが絡んだ時に切断するのに常備してる鎌とフック。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:27 | 神奈川 ☀ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする