2011年09月12日

鮫ちゃん大嫌いよ、あっち行って! 〜 9月10日釣行

早朝の清水港内はタチ狙いが少し出てたが芳しくなさそう。
魚探にはポツリポツリ出るからAさんがジグを落としてみたがさっぱり。

堤防の外は良い凪だが潮の色がいまいちで
流木は前回釣行記より少なくなったが
潮目境はこれまた恐ろしい程の流木とごみの帯で怖いの何の。

で、三保沖根魚狙い。
仕掛けを落として間もなくいい当たりを針掛かりさせた。
1kg以上ある感触でアママルの竿がぎゅんぎゅんに耐えてる。

Aさんがバウでやり取りをニコニコしながら見てたがタモ持って横に来た。
だが何だかショックを感じ軽くなったようだが空針ではない重み。

何と上がってきたのがでかい頭だけのクロムツではないか。
鮫に横取りされたのがすぐ分かったが悔しいのなんのって。

キロオーバーだったのが想像つく頭の大きさで
首根っこの白い身が旨そうったらなかった。
悔しいから写真も撮らず外してポイしちゃったよ。

次に仕掛けを入れると2本針の針スごと切られるのが連発し
5組も仕掛けのロス。
せっかくの自作の仕掛けが・・・。

そうこうしてるうち今度はAさんが奮闘している。
横で見てても鮫じゃない引き具合でアラのでかいのでも掛けたかと
ワクワクしながらタモを構えながら
何が上がってくるかと楽しみでやり取りを見ていた。

リールの巻き数が少なくなって海中を覗くと
ゆーらりゆーらりと、あ〜あこれまたでっかい鮫ちゃんだったね。

鮫ならそれらしい引きをしろい!
ってなこと言いたくなるような幻惑的な引き方。
Aさんくたびれもうけの残念でした。
魚って分からないもんだとつくづく勉強させられた一幕ではありました。

アカムツは今産卵時期なので170〜200m立ちにいるはずで
他のポイントに移動しようと興津沖へ。

鮫の団体さんから離れているから安心して仕掛けを入れ
少し経つと魅力ある引きがあり竿に乗せるような合わせで針掛かりさせた。

こりゃあーでかいアカムツに違いないと確信持って巻き上げる。
引き具合は正にそれそのもの。

口が弱い魚なので慎重に巻き上げ
最後まで抵抗しながら海面に出たのはナンと真アナゴでAさんタモ取り。

60cmの良形だがこれも引き具合に騙されたがアカムツとそっくりな引きで
考えてみるとタチやヘビのような長ものは
アナゴを含めて重量以上の引きを最後までする。

てっきり超でかのアカムツと思ったが、まあこれはこれで良しと。
最高の天種だからね。

次回は週半ばに同じ根魚の予定。

騙されても騙されても・・・。


001_1.jpg

001_2.jpg
2人共アカムツでご機嫌ごきげん。旨い刺身が食べられる。
両方共1キロ弱。


002.jpg
てっきりキロオーバーのアカムツだったはずが真アナゴに化けた。
旨い天ぷらが食えるぞ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:04 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アカムツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする