2011年09月08日

台風一過の海 〜 9月7日釣行

気のいいがちょうの歌じゃないけど飲んでも飲んでも流れてくるよ。

富士川の真茶色の水流は9月7日も止めどもなく流れ続け
駿河湾中央部より先にまでの海水が同じ色になって
落ち着くまでかなりの日数が掛かるだろうな。

三保沖から久能沖は流木の銀座通りで危なっかしくて操船が難儀だ。

それでも幸いに波もうねりも無かったから
ごみも含めて割合よく見えたから良かったけど
そうでなかったら波間の障害物は見えないから恐ろしいことになる。

もちろん船速はスローを余儀なくされる。

三保沖の根魚狙いでポイントに着くも水の色はやや薄い乳白色を帯びた青で
中深場釣りには適してない。

だがボーズで帰るわけにもいかずAさん共々執念で釣ってきた。
潮もとんでもない3枚4枚潮でとうとう重りを150号を使ったよ。

鯛場も初めは10艇ほど出てたが9時頃にはほとんど退散したみたいだった。
たぶんワラサ狙いだったんだろうけど。

早く海が安定してくれるといいな。


001.jpg
伊豆半島からの朝日の中、船を進める。


002.jpg
Aさん、赤と黒の“両ムツ”


003.jpg
Aさんキロ級のオニ


004.jpg
船頭は1.3kgのウッカリカサゴ


005_1.jpg

005_2.jpg

005_3.jpg
海面の流木の数々。海面に出てない流木もある。
こんなのペラに当てたらたまらない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:45 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする