2011年09月30日

今年も彼岸花(蔓珠沙華)

赤は鮮烈、白はアイスクリームの色合い。

この花が庭のあちこちや道路脇に咲き出すのを見る頃になると
また1年が過ぎたんだなぁと幾分淋しい気持ちになったりする。

鱗茎には何やら毒素が含まれてそれも少々強いのだとか。
トリカブトにしてもそうだが花だけ見てると想像もつかないのだが。

誤食の量によっては人が死ぬほどという。
長時間水にさらせば無害化するようで昔は救飢植物として利用もしてたそうだ。


001.jpg
すくすくと伸びて先っぽに蕾を持ってる。


002.jpg
蕾が咲き始めた。


003.jpg
赤と白が競い合うように開花した。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:00 | 神奈川 ☀ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

富士山の初冠雪

駿河湾に船を出し釣り糸を垂れている時
いつも目の前に鎮座して贅沢なほど眺められる富士山。
操船時の目標にも何かと便利だ。

9月27日釣行時、山頂南側にも冠雪が見られた。
北側山頂はもっと早いのだろう。

揺れる船からの写真だからピントがいまいちだけど
全国の沖釣り師の方羨ましく思われるかもしれませんね。
富士山を独占できるんですから。

それと南側にある愛鷹山(あしたかやま)1,187mは
富士山の3,776mより遥かに低いけど上部の方を見るとその昔
噴火で吹っ飛んだように見えて、もしそのまま残っていたら恐らく
富士山と似たような姿と高さがあったのではなかろうかと思わせる山容だ。


001.jpg
初冠雪が南側山頂にも。


002.jpg
右側に愛鷹山。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:41 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

アマダイシーズン間もなく 〜 9月27日釣行

昨日27日の鯛場のワラサが超大漁でどの船もホクホクだったらしいのに
こちらの中深根魚は前回の続きをやってるようで空振りだった。
とにかく当たりが出ないので手の施しようがない。

アマダイに切り替えるも水温22度でまだ高温すぎる。
しかし中深根魚釣りと比べるとアマダイは操船が楽で釣りに専念できる。

とにかく底が平らで根掛かりの心配もなく潮流れが素直だから
100m超の立ちでも60号重りで対応できる。
手持ち竿でも苦にならない。
何より食べて旨いしいろいろの料理が楽しめる。

この魚、水温が高い時期は底より浮いているんじゃないだろかと
感じるがどうだろか。

アカムツやムツ、オニカサゴなどより資源の枯渇もまだましのようだし
これから大いに楽しませてくれる。

釣り手にとってはキスと同じくらいの手軽さで
キロ以上が期待できる楽しさがある。


001.jpg
シーズン初めの良形でこいつは昆布締めだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:33 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

ほうれん草の種を蒔いた

前に“土木作業”で土壌作りをしておいたほうれん草作り。
このところのあまりの残暑で時期を見計らっていたが
ようやく涼しくなってきたので種を蒔いた。

土壌はいかにも栄養満点と見るからに良さそう。
土中にはミミズもいる。
ミミズは土を食べ排泄した糞は土壌形成上良しとされている。

後々立派なつやつやした美味しいほうれん草のおひたしが
食べれるのが楽しみ楽しみ。


001.jpg
近くの農協で買った種。10月末頃からおひたしに。


002.jpg
土壌作りの土を少し寝かせておいてプランターに入れ種を蒔く。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:52 | 神奈川 ☁ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

大地震の前触れじゃなければいいけど 〜 9月24日釣行

こんな好条件の揃った海は滅多に無いほど波うねりが無く
穏やかで素直な潮流れだから今日の根魚は間違いなくいただきと思った。

が、しかし
三保沖のいつものポイントで始めるも当たりが全くでない。
南寄りの3ヶ所のポイントも探ってみたが同じだ。
何だか少し変だぞと感じ始め、それじゃ鯖根へ行ってみようと
ポイントに着いて気合いを入れやってみるも、これまたまるでだめ。

Aさんは黙々と棚取りに余念がない。
いつもの好ポイント上を何度も潮回りするもコツンともこない。
雨後の水溜まりでやってるみたいだ。

Aさん曰く
  「大地震の前触れじゃなければいいけど」
なんて物騒なこと言ってる。

最後に大谷沖へ行ってみるかということでここもいつもの好ポイントへ。
しかしここも同じで当たりが全く出ないし雑魚もこない。

2人共気味悪くなってきた。
物は試しと近くのアマダイポイントでオキアミ餌でやってみるも
これまた全く同じ。

執念深くもう一度鯖根へ戻ってやってみたが完全にお手上げ状態。
何百回と根魚やってるけどこんなこと初めてだ。
一体海に何が起きたんだろう。

“パーフェクトボーズ”を初めて、それも2人して食らっちゃったよ。
この日、中層魚にはこんなことなかったみたいだから
中深の根魚に限ってということか。

2人して何でだろ何でだろうばかりが頭をよぎる不思議な海だった。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:17 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする