2011年08月21日

さぁー根魚の始まりだあー 〜 8月20日釣行

タチもキスもたくさん楽しませてくれた今シーズンも終わりにして
いよいよお得意の根魚にチェンジ。

根魚と言えば超深場は別にしてオニカサゴ、アカムツ、アラ、
それにイシナギやハタが横綱格で
当たり外れのないのがオニを中心にしたウッカリカサゴ、ユメカサゴがポピュラーだ。
これらはまずボーズがないので安心できる。

二枚三枚潮に悩まされたり風向きと
潮流れが素直でなかったりするのも特長で操船は結構忙しくなる。
だから魚探の深度数とリールの深度数が一致するなんてことはまず無い。

ところでどんな狙いものでも釣果はAさんとほぼ同じなのだが
釣りだけに専念できるからAさんの方が多く釣れるかというとそうではない。

船頭は操船しながらで釣りだけに専念できないから
釣果は少ないかというとこれも違う。

何故か。

Aさんは釣りだけに専念できるがGPSと魚探を見ることができない。
船頭は操船と釣りを同時にしなければならないがGPSや魚探を見ることができる。
結果は総じていえば二人ともほぼ同じ条件下で釣りをしていることになる。

根魚釣りは確かに操船は忙しく難しいが情報を見られるというのは強味だ。
シマノの探見丸なんてそんなところからの開発だったんだろな。

今回の釣りでは1kg級のオニを水面でばらした。
タモ取りの大きさだったが面倒で怠ったのがまずかった。

水面でばれたオニは、

   「あれ、オレどうして楽になったんだろな」

なんて思ったのかキョトンとしてるように見えたがゆっくり海底に戻っていった。

こっちにしてみれば

   「5人前の刺身がぁーっ」

てところか。

それと放流ぎりぎりサイズ。
30cmぴったりのオニ。
ちょっと戸惑ったけどお帰り願った。

オニカサゴはAさん共々放流がなければ“ツ抜け”がほとんどで
放流する数の方が圧倒的に多い。

後日根魚釣りの合わせについて独断的に書いてみようと思います。


001.jpg
シーズン初の小手調べとしてはまあまあ。
大きなオニはちょうど1kg。
久能沖150m立ちで。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 14:39 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする