2011年08月31日

何だコレ?!

001.jpg

初めに言っちゃいます。これレモンです。
びっくりするでしょ、こんなでっかいの。

近所の方からいただいたもの。
中はものすごく水分が多く皮も特別ぶ厚いが結構ソフト。

ホッピーに絞って入れたらうっめーっ。

こんなん初め見たね。
そうでしょ、初めてでしょ。

うちにもレモンの木は1本あって市販のものより大きなのが実るけど
こんなにはならないな。

玉子が小さく見える。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:05 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

深さと重り

ライトタックルなんて言葉が流行っているが
要は道系を細くして潮流の影響を少なくし軽い重りで
尚かつ少し軟らかめの竿を使えば手持ちも苦にならないし
何よりダイレクトな釣り味が楽しめると。
こういうことですね。

一般に水深の70%の重りを使うと言うが、つまり100m立ちなら70号の重りと。

しかしこの比率だと道系が
ポリエチレン(PE)の4号以上を使ったんでは少々きつい。
3号が良いところだろう。
勿論潮流にもよるが。

根魚釣りはおおよそ100〜170m立ちを探るが
特別条件が悪くなければ80号で通してる道系は3号で。
これだと手持ちでも苦にならず針掛かりした時も楽しめる。

しかし根魚釣りは道系が素直に真っ直ぐ入ることは稀で
2枚3枚潮の影響を受けるから操船でカバーし
少しでも糸の出を実際の深さに近づけるようにする。

超深場釣りのように1.5〜3.0kgの重りを使うことは別にして
重りは軽く済ませられるのならそれに越したことはない。


001.jpg
上80号/中1.5kg/下2.5kg の材料


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:20 | 神奈川 ☀ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

オニカサゴと根魚 今シーズン3回目 〜 8月27日釣行

オニカサゴの目の前にご馳走がゆらゆらして
そいつを喰おうかなと思ったら、あれよあれよと4mも上に行っちゃった。

これじゃあ喰えないよ、とオニの嘆き。

そうなんです、2つの台風が南の海上にあってそのうねりが3〜4mも。
いや、5mほどのもあったかも。

そんな状況での根魚釣りは全く悪い条件下だ。
それで風は北からときてるから船尾がうねりに押され
潮流れも風上に強く船は風上に流される。

かけ下がりに流せる場所がかけ上がりに流すことになってしまう。
だから初めからこりゃあ難儀するわい、との思いだったがその通りに。

それでも何とかおかずくらいはAさん共々釣り上げたが
当然不満足の釣りになった。

ところでオニとカンコは針掛かりして直ぐに判別つくのだが
オニの中にはめっぽうあきらめの早いのがいるようで
カンコと同じ抵抗なしで上がってくるのもいるからややこしい。

ガンガン竿先絞ってこそ本来のオニなのに。


001.jpg
おかずくらいはどうにか。
でも1匹800gはあったから3匹で2.4kg。まあまあか。
久能沖150立ちで。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:01 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

原発が41基稼働してなくても賄える現実

この狭い列島に恐ろしい原発が54基もあり
今まで電力会社はこれらを止めたら電力供給ができなくなる。
そのようなことから産業界も原発は必要だと言ってきた。

ところがどうだ。
8月28日現在何やかんやで41基が止まってるそうだ。

つまり3/4が稼働してない訳だが産業界も回っているし停電もしない。

この前学者やその方面の知識者の方々が
原発はなくても電力は供給可能と言ってたことが現実味を帯びてくる。
この電力需要が一番多い時期にそれなのだから推して知るべしだ。

新聞もこのことをもっと大きく発表するべきだ。
いろいろ事情はあるのだろうけど。

大震災の地震と津波の被害は人々の努力とある程度の時間で復興する。
原発が無かったらこれで済んだ。

ところが放射能の被害はこれから本当の恐ろしさで
10年単位で影響を及ぼし続け、一番被害を受けるのは今の子供達だ。

原発って一体何なのだ。

そもそも核は人間が手に入れては絶対いけなかったものであるように思うのは
私一人だけだろうか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 00:18 | 神奈川 ☁ | 【燃】−原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

オニカサゴの武器

真っ青な空と穏やかな海で根魚釣りを満喫してる時の
何とも言えない浮き浮きした船の上。
つくづく良い趣味を持ったもんだと思う。

ダイビングを楽しんでた時にでもこれほどの気分にはなれなかった。
あわび、さざえが採り放題、
カンパチ、シマアジ、水中銃で撃ち放題であっても。

ひねもすのたりの海面に船を浮かべ大好きな根魚釣り。
海底150mでオニカサゴを掛けた。

ぐんぐん竿先を絞りながら釣り人を楽しませ
上がってきたオニカサゴは棘が付いた全身の鰭をこれでもか、
というほどに広げて威嚇してる。

この俺に触れてみろ、とんでもないことになるぞ、
と言わんばかりに。

タチの歯は洗礼を受けた
ことがあるが
オニの棘は沢山釣っているのに刺されたことがない。
今後もそう願いたい。

棘は鰭の皮膚の中に隠れてどこにそんな凶器があるのかと思うが
その先端を見てみると半透明で不気味な鋭い針先が見える。
だから釣り上げたら何が何でも一番初めにそれぞれの棘の先っぽを
いつも持参してる調理用ばさみで切り落とす。

カサゴ類は毒の有無はあっても大体同じ個所に棘がある。
この調理ばさみはタチウオの血抜き活き締めに
頭を切り落としたりするのにも使うので道具箱に入れておくと便利だ。

棘を切って血抜き活き締めし持ち帰ったオニの鱗落としの時
驚くことに先端を切られた鰭をこれでもか、というくらいに広げる。
死んでもまだ威嚇してる。
中にはこれも先端を切られた尻鰭まで立ててる個体もあるから凄いことだ。

鰓ぶたの棘まで処理してないから下ごしらえに軍手は欠かせない。
オニカサゴは全身武器だらけだ。
どうぞ気を付けてください。


001_1.jpg

001_2.jpg
鱗を落としてる時、上のオニカサゴの背鰭は見事に立ってるが
下のウッカリカサゴ(カンコ)の方は全く立ってない。
根性の違いか?


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 01:13 | 神奈川 ☔ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする