2011年07月11日

濁るなら濁る、澄むなら澄む、はっきりしろい富士川沖! 〜 7月9日釣行

この日はベタ凪、凪倒れの予感もしないではない。
浅場のタチポイントはマルソウダ、サバ、小型のカンパチが運動会やってて
タチもおちおちしておられず群は散り散りで魚影があっても喰いが悪い。
そりゃあそうだ、おちおち餌も喰ってられないもんね。

何より潮の色も中途半端でタチにもキスにもベストではない。
何とかおかずくらいにはなったけど。

キスも渋い。
特にシラス網が入った後はぴくりとも来ないのと
ますます平均サイズは小形化してる。

河口近くの砂礫と砂地の混合ポイントもシラス網が入って全くだめ、
蒲原寄りに変えてたったの20匹。

暑いのなんので、Aさーんもう帰ろうよ、ってなことで10時半終了。

それにしてもタチの小さいことF3本なんて滅多に来ない。
サイズが平均して大きくなれば沖へ行っちゃうんだろしな。

でもね、この前も書いたけど今年のは小さくても脂が乗ってて旨いね。
特に炙り造りが旨い。


001.jpg
本日船頭の釣果。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:22 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする