2011年07月06日

“自動”食器洗い機の功罪

1940年代に電気洗濯機なる物が登場した。
正に“電気”洗濯機だ。
今はただの洗濯機としか言わない。
電気で動くのは当たり前なのだから。

テレビだって1960年代の初めはカラーテレビと言ってた。
今はテレビとしか言わない。

これらは長い間に紆余曲折を経て完成品になり
一般の家電に昇華してしまったからだが
なるほど普通の手ではテレビは作れないし
今時大量の洗濯物を手で洗うなんて考えられなくなってるから
その経緯は必然的だったのだろう。

ところで“自動”食器洗い機。家庭用の。
我が家でも使い始めて7〜8年になるが今のは2台目だ。

この機器は本当に優れてるのか?
業務用は知らないが一般家庭で10人近くの人が集まって
パーティなんてそう滅多にあるもんじゃなし
せいぜい毎食を共にする家族の人数はたかが知れてる。

こんな状況に自動食器洗い機が浸透してきてる。
世の中のかーちゃん達は家事から何とか逃れようと
手ぐすね引いてるようだから実用的、性能的問題より
先走ってしまってることにメーカーは着目し完璧な如く宣伝し
販路を広げてはいるが。

はてはて。どうしてどうして。

電気消費量は相当なもので
手洗いの様に完璧にはきれいにならないのが実状だ。

今使ってるのはかなり高性能を謳ってはある最新式の物なのだが。
私に言わせれば7〜8人のパーティでそこそこ食器を使ったとしても
要領よく手洗いした方がなんぼか優れていると思う。
汚れは完全に落とせるし電気料金はかからず時間も半分以下で済ませられる。

何度も言いますが電気代は相当なものですよ。
ご存知の様に電気というやつ熱源にするのが一番消費率が上がる。
いくら程の文化生活時代とは言ってもこの食器洗い機だけは
今の段階ではとてもとても薦められる製品ではありませんね。


001.jpg
見てくれはもっともなのだが。


002.jpg
鎮座した食器類。
これだけのわずかな量を洗って乾かすまで1時間はたっぷりかかる。
電気消費上がるわけだ。
正に湯水の如く電気を使う。
もっとも湯水も使うのだが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:22 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする