2011年06月15日

車の広告今昔

1,500ccクラスの小型車ならエンジン気筒数が4気筒でも満足できるが
中〜大型車では回転の滑らかさからしても
直列、V型はともかく6気筒は欲しい。
中には5気筒なんてのもあるが。
特にボルボの様な重量感のある車は気筒数が多いに越したことはない。

ところで今の車の広告の多くにはこの辺りの説明がされてないのが多い。
馬力数やトルクはほんの申し訳程度に
虫眼鏡で見ないと読めないほどの文字で表示されてたりはするのだが
エンジン気筒数はまず印刷されてない。

私らが免許を取った1957年代からしばらくは車の広告ときたら
まず馬力数、トルク数、気筒数
それに最高スピードなんてのも大きな文字でこれ見よがしに載ってた。

もっとも当時はほとんど4気筒だったから
確かL20型という6気筒エンジンを積んだセドリックが出た時は憧れたものだ。

それらの説明が消えてしまって久しいが
今のユーザーはそんなもん気にしないのかしら。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:14 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする