2011年03月24日

魚の頭を兜割りにする

魚のあら煮を作る時、頭をそのまま使ったら見栄えも悪いし食べづらい。
兜割りにする必要がある。

おおよそ魚の頭はまな板に口先を上に向けて置き
口先の中央から出刃包丁を入れると刃が入るものだが
カサゴ類の様に硬い頭は包丁でやると危険だ。

鳥の解体ばさみを使うと安全で簡単にできる。
前にも記事に書いたと思うけど的を絞って書いてみました。

オールステンレス製で値段も安くはないが
清水の舞台から飛び降りて1本持ってると一生物。
ネットの鳥料理ばさみに出てます。


001.jpg
一般にはこのようにして出刃包丁を使うがカサゴ類の様な硬い頭には危ない。


002-1.jpg

002-2.jpg
はさみを使うとこの様に簡単に。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:21 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする