2011年03月19日

イッキュッパ ニッキュッパ

大体どこの家でも引き出しの中に1円玉の一つや二つ入ってますよね。
これの出所、スーパーの釣り銭が多いんです。
何しろ価格の付け方がはんぱがはんぱじゃないから。

何だか分からない様な書き方しちゃったけど
つまり端数の付いた商品がとても多いってことです。
198円とか298円、398円とか三桁の次の大台に乗らない苦心作の数字。

これ業界用語ではね
「イッキュッパ」「ニッキュッパ」「サンキュッパ」って言うんですよ。

何だか感じ方によっては人を小バカにしてる様でもあるんですが
人の心理をうまく突いてると言えばそうでもある。

私は198円だったら、あっ200円ね、直ぐ解釈しちゃうけど
人の心理って初めの大台が、“1”と“2”じゃ感じ方が違うってとこかしら。

で、これから先もずーっとこれで行くんかなぁーと思うと
そうでもないのが近頃結構出てきてる。

均一金額セール。
端数を付けないピッタリ価格。
これから徐々に多くなる傾向にありますが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 14:09 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする