2011年03月11日

オニカサゴの実力

いよいよオニカサゴ(標準和名:イズカサゴ)を狙う時期だけど
この魚は一年中釣れる。
たまたま他に忙しい狙い物があるから手を出さないだけであって
その間オニの方でもほっとしていられる時期だったに違いない。

昨シーズンは総量にして100kgはあったと思われる。
Aさんと2人で200kg。大した量だ。
1回の釣行で700g級(小形は放流して)を1人4匹釣ったら2.8kgだ。
10回で28kg。40回も行けばそれになる。
正に2人で200kgだ。

さてこのオニ、刺身、昆布締め、酢締めにカルパッチョといろいろあるけど
残ったあらのあら煮。
これがとんでもなく旨い。

昨年のあらをマイナス30度の冷凍庫で保存してあったのを
あら煮にして食べたのだが旨い旨い。
兜煮なんて最高。

あの岩みたいにごつごつした頭というか顔というか
その中に沢山身が付いている。
ほじほじして酒吞んでると酒の方が疎かになる。
カニとおんなじだよ。

ホッペの身だけではなく、あっちこっちに旨い筋肉質の真白い身は
味を上手に染みこませたらこれは旨いね。
明美ちゃんが見たらよだれ垂らして喜ぶよきっと。
あっ、いやこっちのことですがね。

でもって、今シーズンも楽しみなんだけど。
オニさん受難の時の始まり始まり〜。


001.jpg
旨そうでしょ兜煮。


002.jpg
真白な身に味付けがしっかりと。


003.jpg
これをほじほじしてきれいに食べると骨殻はこれしか残らない。
ということは中にかなりの身があるということ。
更に熱湯をかけ飲むとこれも旨い。
残りは正真正銘の猫跨ぎに。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:50 | 神奈川 ☀ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする