2011年03月03日

エンジンの回転数と疲労

当船ヤンマーDE31Dに搭載してるディーゼルエンジンは6気筒380馬力で
このパワーを得るのにエンジン回転数は毎分3.200回転を要する。
この時、船速は40ノット超の仕様になっている。
いつものんびり走っているので2.000〜2.500回転で20〜25ノットだ。
この辺が燃費に於いても経済速度だろう。

一方、車はランクル100のディーゼルエンジンで196馬力。
この時の回転数は失念したが毎分2.000回転で100km近くの速度。

単純に比較すると同じ回転数で船の2倍以上の速度が得られる。
しかも燃費は船の10%程度で済む。

話が少し逸れてしまった。

船も車も低いエンジン回転数の範囲で使用しているが
小さなエンジンではどうか。
もっと回転数を上げないと同等の速度が得られないことになる。
当然エンジンの疲労度は高まる。

小さなエンジンの高速回転と大きなエンジンの低速回転とでは
大きなエンジンの方が長時間の使用に耐えられるのは当然だ。

当船をヤンマーに発注する時、エンジンは三種類の中から選択出来た。
280、320、380馬力と。
この中から380馬力を搭載したのは上記の考えがあったからだ。
使用頻度が高いことを予期してのことだったので正解だろう。
期待通り4.000時間を越えた現在、絶好調に働いてくれる。

ところでピストンリング、あのか弱そうな小さな部品。
一番摩耗するところだろうけどよくもつものだ。
いくらオイルが回っているとは言え驚く耐用だ。

大型タンカーのエンジンは2ストロークで毎分60回転なんて
超低速なのもあるが、のべつくまなく地球の表面を動き回っても耐えている。
半永久的に使えるんだろな。

ハーレーダビッドソンの様に低速回転で
爆音が数えられるエンジン音を好む人と
高速回転のビィーっていうエンジン音好む人がいるそうですね。
当然エンジンの疲労度はハーレーが低いんでしょうね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:47 | 神奈川 | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする