2011年02月13日

旅支度のメモ

旅はいつも車なので荷物はいくらあっても大丈夫。
出かければ5日〜1週間は帰ってこないので
いつもの生活で使ってる物は持って行かなければならないから
その数は結構なものになる。

旅先であーあ、あれ持ってくるの忘れちゃったよぉー、
なんてことにならない様に出かける二日ほど前に
持っていく物全部をメモに書き出しておくといいですね。
あれもこれもとあまりにも色々と沢山あるのにびっくりしますよ。

例えば携帯電話などの電気機器類の充電器なんか
忘れたくないのものの筆頭ですね。
二日も前もってメモっておけばまず大丈夫です。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:09 | 神奈川 ☀ | 【旅】−旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

車で行く北海道(18)〜 流氷観光船

流氷接岸の季節になると網走は流氷観光砕氷船「おーろら」
紋別は流氷観光砕氷船「ガリンコ号2」がかせぎ時になる。

おーろらは乗ってないがガリンコ号2は2度乗った。
紋別の市役所の観光課に電話して流氷の接岸状況を聞いてから出掛けるから
氷が無かったなんてことは無いが2回目の時はほんの申し訳程度だった。

1回目の時は正に“ガリンコ”だった。
鉄の塊で船体の前部に2本の長い円錐状の鉄の回転部があり
その表面は螺旋状の突起が付いてこれで推力と砕氷両方を行っている。
だからプロペラは無い。
せいぜい7ノット以下の船速だろう。

乗船所まで流氷が接岸し沖にのろのろと出て行くと
ごつごつの氷の上にオジロワシやオオワシ、ゴマアザラシなど
珍しい動物をすぐ側で見ることが出来て推進と砕氷を兼ねた鉄の棒が
ぐるんぐるんと回転しガリガリと氷を砕いていく様は
一度は見ておく価値ありに思う。

ところがこの流氷接岸のタイミングって難しいんですね。
2〜3日で岸から離れてしまう事もあり
そんな時のツアー客なんてほんとお気の毒。

一片の氷も無い沖合にのろのろと出て行くのを何度も見ているが
こんなむなしい事は無い。
それでも3.000円の運賃は同じなのだから。

この近くにゴマちゃんランドがあって
怪我をして仲間からはぐれた野生のゴマアザラシを保護し
海に戻すことをしている施設があり可愛らしい姿は一見の価値ありだ。
また氷祭りなどのイベント時にタイミングが合えば楽しさも増しますね。

紋別は好きな街の一つです。食べ物も旨いし。
何度でも行きたい街だ。

ただし厳冬期に。


「おーろら」も「ガリンコ号2」もそれぞれのホームページがあります。

流氷観光砕氷船「おーろら」
http://www.ms-aurora.com/abashiri/index.html

流氷観光砕氷船「ガリンコ号2」
http://www.o-tower.co.jp/garinko/


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 06:57 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

アマダイで尼さんなんて初めてだ 〜 2月10日釣行

アマダイって何となく女性のお坊さんを彷彿とさせませんか。
のっぺりした額のあたりが何となくイメージしませんか?
ということで強引に話を進めます。

今日のアマダイ釣行は尼さんでした。
素直にボウズって言えばいいのにね。
往生際悪いこと。

いや凪はとても良かったんですよ。
何が悪いかってね、空と潮の色合いが悪かったなぁー。
いやいや負け惜しみではなくてよ。
本当にこれが駿河湾の潮の色かってぐらいに。

“ドブ薄ネズミミドリ色”って分かってくれますか?

そこへもってきて空は厚い雲に覆われているから
多分100mの海底ではお魚さん達
快適にお食事するような塩梅じゃなかったんだろうな。
だから外道のヘビも喰わない。
産地の由比沖なのに。

Aさん共々アマダイ“ゼロ”匹。
天種の外道をいくらか釣ったぐらいで本命ゼロなんて屈辱的だよ。
まったく。
それも二人して。

滅法ひどい一日でしたね。


001jpg.jpg
この薄暗い潮の色ったら。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 03:06 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

広告はどこまで素直に見たらいいのか

新聞一面を使って度々広告している食べ物製造工程での失敗品の安売り。
煎餅の割れたの、タラコの整形に失敗したの。
食べ物って製造工程でこんなにも沢山の“不良品”が出るんですかね。

不良品がこれだけ出るってことは正品が
この何十倍いやそれ以上は生産されるってことですね。
在庫過多に陥らないのかしら。

勘ぐって考えるとあえて不良品なるものを量産して安いよ、
と売っているんじゃないでしょうね。
この広告見る度不思議に思う。

一方女性向けの広告。

腹の脂肪をもみ出すなんてのもある。
人間の腹の脂肪ってもむと外に出てくるんかしら。

もっと凄いのある。

顔をヘラでこすり形を整え小顔にするっての。
粘土細工か、人間の顔は。

いろいろあって半分面白がって見てはいますがね。

そのうち、

「この薬を飲んだら永遠に死なないです!」

なんてのも出てきそう。

広告はどこまで進化するんだろ。
仕事柄広告にはどうしても目が向く。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:28 | 神奈川 ☁ | 【伝】−広告・チラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

前回に続き今日もアマダイで南のポイントへ 〜 2月8日釣行

本州上に等圧線が一本も無いなんて今の時期滅多にない絶好の釣り日和。

久能沖でやって鯖根もやろうとAさん共々ルンルン気分で出港。
ダボハゼ丸もエンジンすこぶる調子良い。
トラブル心配全く無くいつも良く働いてくれる頼もしい船だ。

久能沖は早朝のためか芳しくなく鯖根へ。
この鯖根、オニカサゴもアマダイも釣れるのだが
根そのものが広くポイントは点在してるから
ここがだめなら他へ行ってやれるので好都合だ。
それとヘビが少ないのも有難い。

また由比周辺と異なるのは五目釣りになること。
ヒメコダイを筆頭にキダイ、ムシガレイ、カイワリ、カナガシラ、
カスミサクラダイ、そして本命のアカアマダイと正に五目釣りが楽しめる。

しかしもうそろそろアマダイも終盤間近で
次はアコウ、ムツ類、オニカサゴが控えているから忙しいことこの上ない。


001.jpg
今日も良形のAさん。


002.jpg
鯖根の釣果はいつも五目釣りになる。これはこれで楽しい。
左下の2枚のカイワリは刺身サイズ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:06 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする