2011年01月08日

アマダイ考(4)

アマダイをさばく時二つほどポイントがあります。

一つは下顎。
鰓を取るのにここは袋状になっていて鰓の付け根に
調理ばさみの先が入りづらいから切り開く必要がある。

二つ目、前にも少し触れましたがこの魚
中骨と腹骨のつながりがとてもしっかりしていて三枚おろしの時
中々しぶとく切り離せない。
力任せにやると怪我する恐れもあるし、折角の旨い身がぐたぐたになっちゃう。
だから三枚におろす前に
調理ばさみの先端を使って一本一本切り離していくと良い。
三枚おろしがとても楽に出来る。

折角の貴重なアマダイ、少しでもおいしく食べるのにひと工夫してみました。


001.jpg
袋状の下顎の部分。


002-1.jpg

002-2.jpg
両側を切り開く。


003-1.jpg

003-2.jpg
鱗、頭、腹わたを取った後、水洗いしてよく拭き取り腹を上向けに持って
はさみの先端を使って中骨と腹骨の全部を切り離す。
硬いからパチパチという音がします。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:34 | 神奈川 ☀ | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする