2011年01月11日

アマダイポイントの新規開拓 〜 1月8日釣行

魚種によらずお宝ポイントは沢山あるに越したことはないので
アマダイポイントの新規開拓で出港。
もちろんボウズ覚悟の上で。

海底地形図で一応の目星は付けてあるのだが
岩礁帯にいる魚と違い判断が難しい。

しかし新しい所で竿を出すのはわくわくするものだ。
ところが予測通りこの試し釣りなかなか手強くて思惑通りにならず
釣れることは釣れてもキロ級が中々出ない。

Aさん400g前後を何とか8匹釣り上げたがキロ級はヘビだった。
でかい体で片てんびんまで絡まれて四苦八苦してる。
仕掛けを切ってもてんびんに巻き付いちゃってるから
離れなくて往生してる。

船頭はと言えば6匹のアマダイは300g前後ばかりと
レンコが大漁で完全な消化不良。
おかずくらいには十分だが。

中々新規開拓は会社の営業と同じで難しい。


001_1.jpg

001_2.jpg
Aさん大蛇に“絡まれる”。


002.jpg
片てんびんにまで絡んで離れない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:48 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

アマダイ考(5)

沢山アマダイを釣ってきたら上機嫌ですね。
一度に食べ切れない。嬉しい限り。

そこで保存食干物作り。
大体干物は鱗と腹わたを取っただけで開いて作るが
食べる時中骨を外したり小骨を取り除いたりと面倒この上ない。
酒の肴にしてるとほじほじに夢中になっちゃって酒の方に手が回らなくなる。
カニを食べてるみたいに。
だから作る時はいつも“骨なし”状に作ることにしてる。
尾頭付きじゃないから迫力に欠けるが実に食べやすい。

10%の塩水に浸すだけで十分ですが
昆布茶があれば少しだけ加えれば旨味は増す。

浸け時間はアマダイは特に微妙で魚の大きさや気温に影響受けやすい。
白身の脂が結構乗ってはいるが意外と漬け汁が早く浸透する。
全くのおおよそだが10分〜20分というところだろう。

時間になったら流水でさっと洗って
漬け汁を落とし水気を拭き取って冷蔵庫で一昼夜。
暑くなければ4〜5時間も干し網に入れて天日に当てれば最高の干物が出来る。
これを備長炭でも使って焼けばウルウル間違いなしね。
何倍も酒が旨くなるしぃー。

※干物の作り方は千差万別です。ここに書いたのは我流ですので。


アマダイ考(5).jpg
三枚におろし小骨を取り去って出来上がった干物。
作る手間はかかるが食べやすい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:25 | 神奈川 ☀ | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

パフィオペディラム

ラン愛好家に人気のある高貴な感じがする花で
女神のスリッパという意味らしいです。

袋状のものは食虫植物にあるような感じがしますが全く違います。

結構長い間咲いて目を楽しませてくれます。


パフィオペディラム001.jpg

パフィオペディラム002.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:50 | 神奈川 ☀ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

アマダイ考(4)

アマダイをさばく時二つほどポイントがあります。

一つは下顎。
鰓を取るのにここは袋状になっていて鰓の付け根に
調理ばさみの先が入りづらいから切り開く必要がある。

二つ目、前にも少し触れましたがこの魚
中骨と腹骨のつながりがとてもしっかりしていて三枚おろしの時
中々しぶとく切り離せない。
力任せにやると怪我する恐れもあるし、折角の旨い身がぐたぐたになっちゃう。
だから三枚におろす前に
調理ばさみの先端を使って一本一本切り離していくと良い。
三枚おろしがとても楽に出来る。

折角の貴重なアマダイ、少しでもおいしく食べるのにひと工夫してみました。


001.jpg
袋状の下顎の部分。


002-1.jpg

002-2.jpg
両側を切り開く。


003-1.jpg

003-2.jpg
鱗、頭、腹わたを取った後、水洗いしてよく拭き取り腹を上向けに持って
はさみの先端を使って中骨と腹骨の全部を切り離す。
硬いからパチパチという音がします。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:34 | 神奈川 ☀ | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

大蛇が4連発 〜 1月5日釣行

うねり多少あるものの差し障りない程度で今日も南へ。
久能沖で形狙いのアマダイ鯖根でレンコでもとの算段で出港。

久能沖でいい当たりがあって慎重に巻き上げるもなんかおかしい。
蛇の引きでもないが本命とは少し違う。
Aさん横に来てカメラを構えてる。
半信半疑で上げてきたら5m程の深さに長い白いのが。

やっぱりヘビだ。
それもスーパーデラックス級のでかいの。
蛇も個体差があって
蛇独特の引きをしないのがいることを勉強させられた一幕だった。

ところがその後がいけない。
続けて3本釣っちゃった。
これらは明らかにヘビだぞ、という嫌らしい引き方で分かったのだが
4本もしかもでかいやつを釣り上げ仕掛けの大ロスだ。

あのヌルヌル加減とすぐ喰い付くので
掴んで外す気にはなれないから仕掛けを切ってハイサイナラだけど。

形の良いアマダイのいる所はヘビも“良形”だ。
次回はボウズ覚悟で良形のポイント探しの予定。


001.jpg
半信半疑のやり取り。結果はヘビ。


002.jpg
Aさん良形本命。船頭も同じ良形を釣る。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:53 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする