2010年11月13日

自然薯(じねんじょ)

11月11日の朝日新聞夕刊に長芋のことが写真入りで出てた。
これ見て思い出した村上の山芋掘り。

新潟の村上市のことは前にも書いたが、山有り川有り海有りでパラダイス。

秋口になると採りきれない程の山芋(自然薯)のツルが目に付くようになり
ムカゴなんぞは国道端だって採れる。

この山芋、山で採るのと海岸沿いの砂地にある雑木林で採るのと二通りある。
道具も異なる。

山ではピッケルを小さくした物と
マイナスドライバーの大きいのを中程から直角に折り曲げた物、
それに小さい鎌、スコップは使わない。

と言うのは山の平らな所は掘るのが大変だから手を付けないからだ。
だからその気になって平らな所の太いツルを見つけ時間かけて掘り出せば
おばけの様なでかいのが出てくる。

でも何もそんな苦労しなくても山の急斜面に出てるツルの根元を
ピッケルでちょこちょこっと崩せば難無く掘り出せる。
細かい部分はマイナスドライバーで崩し何かの根があれば鎌で切る。

一方海岸沿いの雑木林ではスコップを使う。
山の斜面と違って砂地で軟らかく大きな石もないから
真下にスコップで掘り下げ
いい加減掘ったら上の方を持って揺すりながら引き抜く。

山で掘るより少し時間はかかるが
芋自体がでこぼこしてなく肌が素直だから洗う時が楽だ。

私の住まい近くの山で採ってる人、
たまに見かけるが何と親指程のものしか採れない。
それも2〜3本。
この人村上に連れて行ったらきっと腰抜かす程驚くに違いない。
村上の人達、ムカゴなんてほとんど採らないから
大粒なの沢山採ってこれも大喜びするね。

山芋はおいしい。
子供の頃、貧乏育ちでいつも腹空かせてたから
食い意地張って今では魚釣り、山菜採り、キノコ採りや山芋掘り
少し前までは潜って貝採りなんて
ぜーんぶ “タダ” で採れるものばかりに夢中になちゃってる。

きっとこれ反動だろな、子供の頃の。


自然薯(じねんじょ).jpg
栽培物の山芋の記事。
これ見て自然薯を思い出した。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:24 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする