2010年11月15日

アマダイに取り憑かれちゃったよ 〜 11月14日釣行

今の時期、昨年もこんなことがあったの思い出した。

日誌を見たら釣行の度アマダイをやってた。
オニカサゴ同様おもしろい釣りで食べても美味しい。
甘味のある点で刺身はアマダイの方が勝ってる様に思う。
オニと違って3日も4日も置かないで釣った日か翌日が上等の刺身だ。

頭は兜割りにして他のあらと煮る。
皮は湯引きして酢の物。
酒肴にもめしのおかずにもこれ以上の物、料理屋行ったって出てこない。

さて、釣行日の早朝は厚い雲に覆われせっかくの澄んだ潮も暗く見えるから
こりゃぁだめかもな、と釣り始めるもやはりだめ。

レモン艇が近付き様子を聞くも

「空がもう少し明るくならないとだめだけど、
  ここは良いポイントだから少し粘ってみてはどうです?」

と言ったんだけど船同志の話だから解らなかったのか
蒲原方面に行ってしまった。

その後少しずつ太陽が昇るにつれ空は明るくなってきて
やはり予想通りぼちぼち釣れ出した。

釣れる時間帯に入り手返しよく取り込んだが
“釣れタイム”はほんの2時間程でばったりと終わったからこれにて終了。

その直前に今度は金太郎艇が近付きどぉ?なんて。
なんだかピカピカ眩しかったなぁ。
蒲原方面に走り去った。

今日もAさんヤボ用で来ることは出来なかったけど
単独釣行はまずまずだった。

そうそうアマダイはね、500gから1kgくらい迄が刺身にして最高です。


001.jpg
前回数釣りの時より形は揃った。
30cm超 550g級が4匹。おちびさんも2匹いる。
放流出来ないのがほんと残念。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:42 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ケチと節約(2)

前にケチと節約の記事を書いた時のチューブに入った歯磨き剤。
これは横置きの物でした。
メーカーも知恵を絞って無駄のないよう立て置きタイプを出してます。
多分、中に残ることの無駄を意識してのことだと思うけど。

これを初めから無くなる迄、立てて使ってみましたが
前回と同じく絞っても出てこない状態になってから、はさみで切り開いてみたら
やっぱり沢山の歯磨き剤がチューブの内側に付着していて
まだ何回も使える状態でした。

資源の有効利用、リサイクルが言われてる今日、
無駄の無い生活をしたいですね。


001.jpg
立てて置くタイプ。


002.jpg
使い切ってから切り開いてみたら沢山内側とキャップ近くに残ってました。
ケチではなく小さな資源の有効利用。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 00:08 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

自然薯(じねんじょ)

11月11日の朝日新聞夕刊に長芋のことが写真入りで出てた。
これ見て思い出した村上の山芋掘り。

新潟の村上市のことは前にも書いたが、山有り川有り海有りでパラダイス。

秋口になると採りきれない程の山芋(自然薯)のツルが目に付くようになり
ムカゴなんぞは国道端だって採れる。

この山芋、山で採るのと海岸沿いの砂地にある雑木林で採るのと二通りある。
道具も異なる。

山ではピッケルを小さくした物と
マイナスドライバーの大きいのを中程から直角に折り曲げた物、
それに小さい鎌、スコップは使わない。

と言うのは山の平らな所は掘るのが大変だから手を付けないからだ。
だからその気になって平らな所の太いツルを見つけ時間かけて掘り出せば
おばけの様なでかいのが出てくる。

でも何もそんな苦労しなくても山の急斜面に出てるツルの根元を
ピッケルでちょこちょこっと崩せば難無く掘り出せる。
細かい部分はマイナスドライバーで崩し何かの根があれば鎌で切る。

一方海岸沿いの雑木林ではスコップを使う。
山の斜面と違って砂地で軟らかく大きな石もないから
真下にスコップで掘り下げ
いい加減掘ったら上の方を持って揺すりながら引き抜く。

山で掘るより少し時間はかかるが
芋自体がでこぼこしてなく肌が素直だから洗う時が楽だ。

私の住まい近くの山で採ってる人、
たまに見かけるが何と親指程のものしか採れない。
それも2〜3本。
この人村上に連れて行ったらきっと腰抜かす程驚くに違いない。
村上の人達、ムカゴなんてほとんど採らないから
大粒なの沢山採ってこれも大喜びするね。

山芋はおいしい。
子供の頃、貧乏育ちでいつも腹空かせてたから
食い意地張って今では魚釣り、山菜採り、キノコ採りや山芋掘り
少し前までは潜って貝採りなんて
ぜーんぶ “タダ” で採れるものばかりに夢中になちゃってる。

きっとこれ反動だろな、子供の頃の。


自然薯(じねんじょ).jpg
栽培物の山芋の記事。
これ見て自然薯を思い出した。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:24 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

ホシザメを食べた

11月7日釣行時に釣ったホシザメ
Aさんと半分にして持ち帰って煮魚にして食べたらとても美味しかった。

以前にも同様にして食したことがあって旨さを覚えてたので
同じ料理にしたのだが多少のアンモニア臭はあるものの
ごぼうや生姜をスライスして一緒に煮れば全く消えてしまう。

Aさんは味噌煮にしたと言う。
やはり旨かったと。

ホシザメが釣れたらボリュームもあることだし是非持ち帰り食してください。

ただしデッキに上げた時、尋常じゃない暴れ方をするので
早々と頭の直ぐ後ろを刺しておとなしくさせることです。

それと血は沢山出ますからしばらく大きなバケツにでも海水を張って
逆さまに突っ込んでおくと良いですね。

鮫類全般に言えることですが生命力というかとても強いので
身だけにしても動いてる時がありびっくりしますよ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:52 | 神奈川 ☀ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

魚を締める刃物

タチウオのように釣り上げて直ぐ調理ばさみで頭を切り落とすのは別にして
小魚以外は刃物で活き締め血抜きすることになる。
魚をおいしく食べるための必須行為だ。

この時少しでも鋭利な刃物を使えば魚の苦痛も多少は和らぐのではとの
勝手な想像で刃物はいつも研いで持参することにしている。

人間だって手術の時、麻酔はしてるとは言え
切れないメスでゴリゴリされたんじゃかなわないもんね。
ちょっと気取って言えば魚に対しての思いやりか。
人間側の自己満足かもしれないが。

この刃物、切り出しナイフを大型にした様なもので
刃物店で3年に一度買い替えているが
店では面識の無い人には売るのを躊躇する代物で勿論店先には出してない。
刃先の鋭さは鳥肌が立つほどだ。

魚ちゃん苦痛が少しは和らぐかなぁ。
そうあって欲しいなぁ。


魚を締める刃物.jpg
研ぎすまされた締め用刃物。
刃以外は潮で腐食してるから3年もすると柄の付け根から折れてしまう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:45 | 神奈川 ☀ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする