2010年11月30日

信頼できる歯科医

義歯を止めるのにマグネットを埋め込んであった上の歯が
固いものを噛むと少し痛むようになってきて
レントゲンを撮ったら周囲が黒くなっている。
何れは抜歯かも。

ところがマグネットが付いていたのだから当然平らに削ってある。
抜くにもペンチ(ペンチでいいのかなぁ)で掴むところが無い。
きっと何か道具を差し込んでテコの応用みたいなことで浮かして抜くのかなぁ。
憂鬱だな。

でも長年世話になってるドクターは
私には名医だから安心してまな板の鯉しかりなんだけどね。

そうそうもう大分前のことになるけど
上の一番奥の歯が歯周病でポケットが6mmの深さにまでなって
抜歯か切開手術で人工骨を入れるか二通りあるが
後者はそれほど期待出来ないとのことだったのだが
上手くいけば抜いて無くなってしまうよりははとお願いした。

麻酔のお陰で痛みは感じなかったが、何だかあまりいい気分ではなかった。
30分以上も続けての手術だからドクターも大変だったと思う。
何しろデンタルミラーで見ながら狭い所の細かい作業だから
高度な技術を要するだろう。
切開して周囲を掻爬(そうは)し、きれいになったところへ人工骨を入れ
縫合するというのだから考えただけで頭がくらくらするほど難しそうだ。
余程ドクターを信頼してないと踏ん切れない。

結局しばらくは使えたが
やがて抜歯の時期が来たのはドクターの予想通りだった。
指先の器用な職人さんで医師。
歯医者さんのイメージです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:26 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

よく飽きもせずまたまたアマダイ 〜 11月28日釣行

今日の海は大分御機嫌斜め。
マリーナの駐車場にある大きな松の木の枝が揺れてるから6mは吹いている。
西風なので由比は山を背負うから大丈夫だろうと、のこのこ出掛ける。

ポイントに着いたら十分竿は出せる状態でいつも通り順調に釣れだす。
Aさん共々10匹前後釣り上げたあたりから南寄りに風が変わり
釣りをするには少々きつい海上となり11時にて終了。

釣果は2.8kg。
二人共同じ様なものだ。

Aさんは良形のソコイトヨリを5匹ほど釣って御機嫌の様子。
これだから沖釣りはやめられないね。
欲を言うとアマダイのもう少し大形のいるポイントを開拓しないと。


001.jpg
刺身サイズも混じってまぁまぁってとこかしら。
外道は良形のソコイトヨリ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:12 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

由比

静岡県の由比界隈は風光明媚で
こんな所に住まいを構えたら毎日が快適だろな、といつも通る度に思う。

ところが反面、大きな震災があったら大きな被害が発生しそうな地形で
つまり平らな所がごく僅かしかなく
その狭い所に列島の大動脈の全てが通っている。

だから被害を受ける時はこの全てが麻痺することになる。

新幹線、東海道線、東名高速道路、国道一号線、
この4本の生命線が麻痺すると国内は元より外国にまで影響は及ぶ。

そんな陸の面をいつも釣りをしながら船から眺めているのだが
海から見るとますます心許ない。

今年この場所が原因で釣りから神奈川に帰り着くのに
5時間以上かかったことが2度ある。
2月のチリ地震での津波警報と10月の東名高速でトラック事故。

津波警報の時は興津から富士まで抜けられず
山梨回りだったがそこへ通じる国道52号に中々乗れない。

東名のトラック事故の時は折戸から渋滞で国道1号に乗れない。
つまり逃げ道がないからどうしようもない。

由比のネックに何もないことを願いながらいつもの釣行だ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:31 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

スパンカー

遊漁船の船頭なら何を当たり前のことをと言うでしょう。
スパンカーのことです。

マイボートにこれを付けてる方の中でも
案外知らなかったなんてあるようなので少し書いてみます。

文明の利器、じゃなかったボート釣りの利器スパンカーなるもの
一体誰が考案したんでしょうね。
相当頭脳明晰な人だったのではないかしら。

この利器の恩恵に浴してしまうとつくづく有難味が感じられる優れ物だ。
正に実用一点“張り”の姿で見事に船を風に立たせてくれる。

使い方に多少の知識とコツは必要だが。
風向きと潮流れが平行であれば
スパンカーを真っ直ぐに張りスロットルで調整すれば
船は風に立って道糸垂直に入るがいつもこんな良い状態ではない。

ひどい時は風向きと潮流れが強く直角に交わってしまう時があり
こうなるとお手上げ状態だ。
もっともこんな状況も度々ではないが。

道糸が先方や船底の方へ緩やかに流れることはよくあることで
こんな時の対処の仕方だが
単純に言うと糸が流れる方向にスパンカーを振れば良い。

そうすると振った方向のスパンカーには
当然振った分だけ強く風圧がかかるから船は糸の流れてる方に寄っていく。
結果、糸は立つ。

しかし糸の流れ具合に対し
どのくらいの角度でスパンカーを振れば良いかということになるが
こればかりは経験によるしかない。

ところが問題がある。

風向の変化は度々無いが風力(風速)は刻一刻と変化してる訳で
これにこまめに対応しないと糸の角度も変化する。
釣りをしながら度々振り角度を調整するのは少々忙しいことになる。

本来初めに書いておかなければならなかったことだが
スパンカーの調整をするまでもなく
“舵だけ”で対応できる時はこれが一番楽だし理想だ。

以前の記事にも少し触れたがスパンカーを装着しても風に立たない船形がある。

バウに重量をかけたり船底にダガーボードを付けたりする方法もあるが
完全とまではいかないだろう。
居住性に優れた上部構造物の大きな船は難しいのではないか。
元々その方向を重要視した造りではないから仕方ないが。

しかしスパンカーは有難し優れ物だ。


スパンカー.jpg
ボート釣りの利器 実用一点“張り”


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:33 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

酒。このデリケートなもの

時々日本酒のことで“岩清水”の様なと形容をしてますが
この手の酒は俺はサケだサケだと自己主張してるのとは違い
どんな料理にも抵抗なく馴染んでくれる清涼な造りの酒のことです。

まるで山肌の岩の割れ目から遠慮がちに流れ出てくる清水の如き趣きがあって
日本酒の芸術をも感じさせてくれる見事さがある。

◎新潟県村上市の大洋酒造(株)
  大吟醸酒「鄙願」(ひがん)
  吟醸酒 「鈴ヶ瀧」(すずがたき)
  本醸造 「越の松露」(こしのしょうろ)

◎宮城県大崎市の(株)一ノ蔵
  一ノ蔵無鑑査本醸造酒「一ノ蔵」

◎新潟県長岡市の朝日酒造(株)
  特別本醸造「久保田 千寿」

等、これらは釣り魚の相棒で晩酌を楽しませてくれる。

通常辛口と言われてはいるがこの表現、何となく的が外れてる様な気がする。
これらの質の酒が本当の“旨口”の様な気がするのだが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:16 | 神奈川 ☁ | 【酔】−酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする