2010年10月24日

きのこ採りの道迷い

この森に入ればほぼ間違いなくきのこはある。
そんな所だからもう何回も数え切れない程入っている。
そんな所で完全に道迷いになってしまったことを書いてみます。

道迷いは下手すると遭難につながるのでとても恐いことで
中々あなどれません。

富士山の北側、鳴沢村から20分ほど林道を入り車を止め森の中へ入ります。
少し入ると所々にドラム缶で作った熊獲り用の罠が仕掛けてある。

この時うっかりして磁石と携帯を車の中に置き忘れてきた事に気付いたが
勝手知ったるいつもの森よとばかり気にも留めずきのこを探し回ってた。

右へ左へあるいは後ろへときのこのある場所を動き回るものだから

はて? えーっとどっちから来たっけな?

になってしまい曇り空で太陽の位置が分からないから
見当がつかなくなってしまった。

あーぁ、こんな時磁石があればなぁーと思ったが後の祭り。
勘を頼りに一定の方向へと歩き出すも、どうもいつもと様子が違う。
何となく見慣れない感じの周囲に。

えぇっ、、これまさか樹海方面に向かってるんじゃないだろうな。
不安がよぎる。
こんな時に限って薮こき場に入ったり
樹木の密度が高くなったりして気が焦り出す。

時計は午後2時を過ぎている。
かれこれ4時間森の中だ。
あと2時間ほどで日が沈み出すぞ。

何だか足元が溶岩混じりになってきた。
いよいよやばい樹海特有の地べたになってきてる。
おまけに獣だか鳥だかがギャー、なんて鳴いて気味悪い。

森の中はいくら慣れているとは言え、半分パニック状態に。

林の透き間からやや小高い尾根の様なものが見える。
あそこへ登れば方角が分かるかも知れん。

ひぃーひぃー言いながら登ったら案の定、
開けた所に出て周囲を見渡すとかすかに富士山の中程の裾の広がりが見えた。

一生懸命反対方向に歩いてた、樹海方面に。
どっと疲れが出たが早く出ないと日が沈む。

方向を頭の中にたたき込み歩き出す。
道を戻るような感じで。

20分も歩いただろうか、細い獣道に出た。
少しほっとした。
これを夢中で登って行くとやっと林道に出た。

へたばって座り込んじゃったよ。
だが今度は車を止めたのはどっちだったっけ?

Uターンカーブの多い林道だから位置が分からず適当な方向へ歩き出したら
少しばかり下りになってきてやっと車が見えてきた。

遭難しないで良かったよ。
後で調べてみたら昇り下りを繰り返しながら
結局は僅かながら下へ下へと歩いていたことになる。

20分戻って車から磁石を持ってくればこんな苦労しないで済んだのに。

日が暮れ出した林道を車で下り森の恐さが身にしみた1日でした。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:38 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする