2010年10月03日

車で行く北海道(8)

北海道の東部、根室半島と知床半島の中間に位置する砂嘴
野付半島をご存知ですか。
根室海峡に鳥の嘴(くちばし)の様に突き出た28kmの半島は
すぐ北東海上に国後島が望め、望遠鏡で見ると建造物も分かる近さだ。

さて、この野付半島は普段目にしている風景とは全くの別世界。
数十メートルしかない巾の狭い土地は中程までまばらながらに人家はあるが
その先は人家どころか人もいない。

おまけに湾曲した半島の内側には「トドワラ」「ナラワラ」といった
トドマツやナラの立ち枯れが林立し白い樹肌を
曝け出し異様な光景を見せている。

ところが江戸時代後期には漁業の拠点となる集落があって
「キラク」と呼ばれた悦楽の園が存在したらしく、遊郭まであったそうな。

そうなと言うのは現在はっきりとした歴が判別しないようだ。
それ程遠い昔でもないのに。

しかし今のこの地を踏まえてみるに正に春高楼の華の宴を思い浮かべるが如く
濃厚なロマンに掻き立てられる話ではないか。

この殺風景の中に立って想像力を増そうとしても到底不可能だが
基石など僅かな遺跡は出ているようだ。

超現実的な話に戻します。

28kmに及ぶ道路は飛行機でも発着できそうな直線でネズミ捕りの絶好な場所だ。
昔ホテルマンから聞いてたので捕まったためしは無いが
本州からの観光客がレンタカーで来るのを餌食にしてるようだ。

極端な話100kmで走ったってどうってことないように感じるのに40km規制になってる。
見てると70〜80kmで走っているのが多いから捕まると痛いですね。

お金を落としてくれて土地感の無い観光客を捕まえてみても
悪い印象だけを持ち帰らせてしまうこと考え及ばないのかしら。

何度か来てるが50kmで走るようにしている。

話をまた元に戻します。

観光はその人の嗜好によるところが多いですが
殺風景な何も無いことも自然が作り出す大きな魅力と捕らえてみると
中々奥深さに惹かれます。


001.jpg
カーナビなんて手に負えないから地図はぼろぼろ。
でもまだ使えるね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:44 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする