2010年09月10日

危険なダイビング

海中にあっても少し時間が経つと
陸上にいるのと同じような錯覚に陥ってしまうことがしばしばある。

たぶん普通に呼吸できるからだと思うが
その反面ちょっとしたことにドキッとすることもあって
ダイバーの多くは海中で多少の神経質にはなっているものだ。

先日、山梨県の忍野八海についてホームページで見る機会があり
その時初めて知ったのだが、見ていたサイトの中の一つにこんな記事があった。

八海の一つ湧池にテレビ朝日系番組の収録の為、
カメラマン2人が洞窟撮影で潜水したきり浮上しなかった事故があったとか。
1987年のことだ。

5日後に2人とも遺体で発見されたと書いてあったが
海中でも同じ事が言えるのだが、洞窟のダイビングは一番危険を伴い
一般には命綱を付けて出口が分かる状態で行うのに
この2人はそれをしてなく洞窟内で道迷いになって
出口の方向が分からなくなりタンクの空気が無くなったようだ。

しかしこの様な場合、空気が無くなる前に猛烈なパニック状態に陥り
ショック死してしまうケースもある。

生命線の空気が減っていく中
頭上に浮上出来ない恐ろしさはダイビング経験者なら想像がつく。
重大な事故にはならなくとも、その一歩手前なんてことはよくあることだ。

仲間が海底に捨てられた魚網に
タンクのバルブが絡んでしまい重くて浮上出来なかったのを
何人もでダイバーナイフで網を切って助けたなんてこともあったし、
岩穴にやはりバルブが引っ掛かり
後にも先にも進めない仲間を助けたこともあった。

当人はしばらく潜ることが出来ないほどのショックを受けたようだった。

楽しい海中散歩も実は危険と隣り合わせのこと
重ね重ね肝に銘じておく必要がある。

忍野八海の事故を読んで過去にあった危険を思い出しました。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:28 | 神奈川 ☁ | 【釣】−海の履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

嵐の後

神奈川県西部にも被害をもたらした台風9号。

特に山北町では1時間に100mmの雨で酒匂川が危険水域に達し
住民が避難する事態になる。

車が流されたり川の中州では人が取り残されたりと最近にない事だ。

当地を巻き込んだ時は既に熱帯低気圧になっていたようだが
台風と同じようなものだ。

8日夕方遅くにやっと過ぎ去った。


001.jpg
1時間に100mmの降雨のあった山北町の山並みにかかる雲は嵐の去った証。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:41 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

ワラサとアマダイの試し釣り 〜 9月7日釣行

風の予報がいまいちだったが
近場のワラサとアマダイの試し釣りということで出港。

ワラサのポイント“鯛場”も早朝は緩やかで
そこそこの凪で6時に竿を出すと間もなくAさんにヒット。
こちらはサバばかり。でかいけど。

Aさんのワラサの針スは4号で
2匹目に掛けたのがあと少しというところで針スが切れ
クッションゴム使ってたのに相手がでかすぎたみたい。

遊漁船も20パイ近く集まって
その透き間に入り込み操船しながら竿を操るのはかなり厳しい。

魚も沢山お客さんの乗った船に付いてしまい
そこだけ“繁盛”するなんて現象も見える。
コマセの量が多いからなぁー、なんてAさん。

その中またAさんに良形がヒット。
これは無事タモ入れ。

8時過ぎると大量のコマセを食って腹いっぱいになった為か
当たりがどの船でも無くなり早々にアマダイの試し釣りをと興津沖へ。

南寄りが吹き出してウサギがぴょんぴょん。
でもなんとか形は見ることができたがそれにしてもアマダイ早すぎる。
水温の高い中は底よりかなり浮いているはずなのに底で釣れる。
今年はひょっとするとアマダイ当たり年になりそう。楽しみだ。

アマダイと言えば身が柔らかで捌き難い魚だが
とりわけ腹骨と中骨の付け根が外れ難く
包丁で力任せにやると身がぐだぐだになるし怪我の危険もある。

機会を見て写真でご紹介してみようと思います。
我流の捌き方ですけど。


001.jpg
Aさんが釣った2.7kgのワラサ。
もらっちゃったよ。やっぱり胃袋オキアミで膨らんでた。


002.jpg
試し釣りのアマダイ。
30cmが一番大型だった。この魚小さくても放流できないのが残念だ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:07 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

タバコ止めたいですか?(1)

愛煙家と嫌煙家。一字違いでまるっきり立場違い。
昔愛煙家、今嫌煙家。沢山いますね。ワタシもその中の一人。

酒は20才過ぎてからだったけど
タバコは大人びた素振りがしたかったのか17才の頃から始めてた。
で、30才でぴたりと止めた。

当時空色ケースに入った70円のハイライトを
1日2箱消費してたから上級の中毒者だ。

ちょうど脱サラをした年だったので区切りをつけようとただ漠然と。
もう一つは自分の意志がどのくらい強いか試したくもあったから。

今ほどタバコに風当たりも強くなかったし
健康面にしたって具体的に言われてなかったから
自分に言い聞かせるのは意志試しぐらいしかなく
ピタリと止める迄には3回くらい失敗してる。

酒が入ると特に吸いたくなる。
結局こんなことではだめじゃないかと自分を諭し成功にこぎつけた。

煙突のケムリを見ても思い出すし、吸ってる人のケムリを吸いたくもなるし
今考えると可笑しいことだらけ。

ところが止めてから10年以上経つと
元々吸わなかった人より以上ケムリを嫌うようになる。
何人かに聞いてみたら全部の人がそうだと言う。

この前行きつけの小さな寿司屋のカウンターでのこと。
隣に座った人が

「すみません、タバコ吸っても良いですか?」

と言われた。で、こちらも

「すみません、ちょっと苦手なんですけど」

と正直に言ったらその人

「ああ、お聞きして良かった。それじゃ遠慮させていただきます」

と1本も吸わず終いだった。そして、

「いや、自分も止めたいんですけどね」

とも言っていた。

こういう人ばかりだと助かるんですけどね。
でもこういうこと今までにも何回かあって
その度マナーを心掛けてる人っているんだな、と感じた。

この項、機会見て続きを記してみようと思います。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:40 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

石花海のユメカサゴ 〜 9月4日釣行

「言うまいと思えど今日の暑さかな」

なんて、誰か詠んだっけ?

真暗闇の中石花海に舳先を向け航行している時でさえ、じわーと汗が出てくる。
日中はまたまた猛暑に。

前回はオニカサゴのポイントで
小型のユメカサゴも天ぷらの材料にと釣ってきたが
今回は大型のユメカサゴのポイントへ一直線。

この魚は成魚になると深場に落ちるようで立ちは400m前後となる。
当然胴突きの仕掛けになり200号の重りにムツ針19号の3本針を使っている。

とても手持ち竿は無理だから置竿でやるが、
竿先だけを目をこらしてるだけで、おもしろさに欠ける。

薄暗い場末の劇場で舞台のかぶりつきに陣取り、

もっとちゃんと全部よく見せろ!

なんてある一点を凝視しながら
怒鳴っているどっかのおとーさんそっくりな目付きで(ワタシではありません)
竿先を見てるだけだから“こちら”はつまらない。

Aさん、鯨が潮吹いてる、なんて指差してた。

とにかくこの猛暑には敵わないから撤退することに。
ギラギラ太陽の下、船を走らせいつもと同じ久能沖あたりで
うとうとしながらマリーナに着きました。


001.jpg
ユメカサゴもこの大きさになると釣り応えもあるし刺身にしても旨い。
またなぜかウオノエも付いてないのが不思議だ。


002.jpg
Aさんも1kg級のユメカサゴでご機嫌。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:19 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−ユメカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする