2010年09月20日

漁師の生活サイクル

70才を半年過ぎた。

一年前の69才の時、手前船頭はそろそろ体力限界に近づいてるから
70才になったら足を洗おうと思ってたが
何だが方向は逆へ進行し釣りブログを開設したりしてる。

だがパワーは確実に低下の一途で上向くことは有り得ない。

釣りがしたいが為に夜は7〜8時には寝てしまう習慣をつけ
釣行当日は夜中の1時には起き
2時にはそわそわと出かける正に漁師の生活スタイルだ。

日の出そこそこに釣り場に着くためにはこれぐらいしないと間に合わない。
だから帰りの航路では居眠りはしばしばのこと。

桟橋に着いて後片付けをして帰ってからは
魚の下ごしらえが待っているから寝るのも遅くなる。

これを一週間に2回してるのだから我ながらのパワーに驚く。
もっともこの全てが楽しくて好きだからに他ならないが。

行きつけの釣具店に行っても良さそうな物は買ってしまうし
足を洗う反対方向に行ってしまう。

沖釣りはそれ程に魅力に満ちているということか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:13 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

花の形が変わってきた千日紅

8月21日に書いた千日紅。
当時の写真は丸い花でしたが今日も元気に咲いてます。

が、花の形が変わってきてますよ。
長くなってきた。

丸い花が伸びてきたんですね。

これは何を意味し、何のためなのかしら。


001.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:36 | 神奈川 ☀ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

車で行く北海道(6)函館〜札幌

長万部から札幌へ行くにはいくつものルートがある。

R5を倶知安(くっちゃん)から小樽回りと
R5には入らずR37を豊浦まで走り裏道を使って
洞爺湖の際R230に出て有名な中山峠越えで札幌に入るルート。
道央自動車道を使わない時はこのコースを利用する。

そう言えば北海道の自動車道工事のことで以前国会内で
阿呆みたいな問答があったのご存知ですか。
工事推進派と反対派のやりとり。

推進派の議員が必要性を説くと反対派議員が
車も通らない道を作ったってしょうがない。せいぜい熊しか通らない。
と言った。
そしたら推進派が、あんた熊が通ったの見たことあるのか?
と噛みついた。

こういう珍問答をあの立派な建物、国会の中でやってるんですからね。
きっとオツムの切れるギインさんだったんだろね。

洞爺湖を過ぎ中山峠の麓に差し掛かると地元農産物の直売所が並ぶ所がある。
概ね良心的な値段で新鮮な品物が並んでいる。

中山峠に入ると冬期以外は並通の峠越えだが、冬は積雪が多く吹雪く時もあり
車輌、特にトラックが多く初めての時は少々恐かった。

峠には広い駐車場、レストランがあり吹雪の時はまさにオアシスだ。
下るとこれも有名な定山渓温泉街を抜け札幌に入る。

ちなみに函館〜札幌間はルートによって多少変わるが
おおよそ270kmあり国道で5時間は要する。
地図上ではそれ程あるように思えないのが北海道の広さだ。

この札幌の中心街「すすきの」の十字路に目隠しをされて連れて来られ
ここでそれを取ったら東京の銀座4丁目の十字路と見間違えてしまうし
どこへ行っても東京の繁華街のようだから個人的には全く魅力を感じない。

異なることは周囲のすぐ近くまで山裾が広がっていることと
何と言っても晴天時の空の青さは見事だ。
車を止めて眺める価値はある。

仮に稚内まで行くとなるとルートによっては
380km近くになるのだからやはり大地だ。

毎年冬に雪祭りがあるが一度も見たことがない。
その時期は札幌には近づかないようにしてる。

渋滞が恐ろしいから。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 06:52 | 神奈川 | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

車で行く北海道(5)函館〜札幌

フェリーでね、函館に着くでしょ。
いよいよ大地の一歩ですね。
さぁここから道内奥へ入って行きましょ。

一般的にはね(“ね”を立て続けで3回使いましたよね。あ、また使った)道内の
人達がよく使うんですね。あっまた。
それも“ね”のアクセントを下げるんです。
旨いっしょと同じく北海道弁のようです。

ラジオのインタビューを聞いているとちょっと乱雑に聞こえるんです初めは。
ところがね聞き慣れてくると親しみに変わってくるから不思議なの。

話を戻しましょ。

一般的に国道5号線(本州で言えば国道1号線のような道路。以下R5)を
今は無料の函館新道回りで、走り降りてから大沼公園際を通り
雄大な駒ヶ岳を右に仰ぎながらちょっとした観光道路。

これで札幌方面へ行くのだが趣の違ったルートも2〜3ある。
機会をみて紹介します。

駒ヶ岳が右後方になるにつれ、噴火湾の内浦湾海岸道路に出る。
R5は海岸に付いたり離れたりしながら漁村を通り抜ける。
漁村はどこもそこそこ潤ってる佇まいに見える。
ホタテは安定した収入が得られるようだ。

長万部まで約60kmに及ぶ湾岸沿いの内浦湾はそれ程きれいには見えない。
延々と続く漁村の生活排水や浄化槽の流水などが影響するのだろう。

R5がR37と交じわう長万部に入ると大型の土産店が現れ
右側にひときわ大きな駐車場を持つ店は優雅なトイレの建物があり
その中の広いホールにはなんとピカピカのグランドピアノが置いてある。

トイレの建物の中にグランドピアノですからね。
初めは驚いちゃいましたよ。
有料トイレ顔負けする程きれいで広いトイレは
いつも掃除係のおばちゃんがいるおかげ。

店内のレストランは明るいテーブルの上に100人以上分の料理が並べられ
観光バスが着くのを待っている。

道央自動車道が函館寄りの落部(おとしべ)まで開通しているので
これを使うとバイパスしてしまう。
でもこの有料道路を使う車は少ない。
札幌方面へは一般国道を使う車が圧倒的に多い。

料金と短縮時間の割合に魅力がないからだ。
(続く)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:21 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

暗闇の大きな横波は恐ろしい 〜 9月15日釣行

日の出前に三保南のタチウオのポイントで
鯛場の開始時間6時まで4〜5本釣る“予定”でと雨風の中出港。

港内にまでうねりが入って外海の様子が計り知れる。
赤白灯台の間を出て進路が南になるにつれ予想してた東からの波風に直撃され
船は大きく傾きひやひやだ。

とにかく真っ暗で波が読めなく
いきなりでかい横波を食らうのでこれはおっかないよ。
船内品がが横にずれるのだから30度も傾いているんじゃないのかなぁ。

10ノットも出せない。

Aさん
「ここは一番きつい所だから乗り切っちゃいましょ」と。

で乗り切ることに。
Aさん言う通り岬を回り込むと少しは良くなった。

タチのポイントは少しだけ魚影は出てるがジグに全く反応なしで1本も釣れず。

またまた横波を受けながら鯛場へ。
波は相変わらず東からの大波だが
明るくなってるので見通しがきくから問題無く鯛場へ到着。

そこそこ反応ありで6時に開始するもヒットしない。
20艇ほどの船団の中で船を操りながらの竿出しはきつい。
やはりお客を沢山乗せた遊漁船は釣っている。
コマセの量がかなわない。

3時間ほどやって大鯖1匹、Aさん中鯛1匹で完敗。
興津沖のアマダイに。

ここへ行くのもまたまた波との格闘。
アマダイ30cm級2匹と丸々とした旨そうなヒメコダイを少々。
Aさんも同じようなもので、今日はおかずくらいだなぁ、なんて
昼に沖上がり追波を受けての帰港。

今後のアマダイの展開はどうなるのかな。
直感としては良いシーズンになる思いなのだが。
35cm、40cmなんての、こたえられないもんね。

今シーズンは鯖根でアマダイポイントを開拓する予定です。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:23 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする