2010年09月25日

根魚用餌 鯖皮短冊を作る

根魚の餌はイカ短冊、鯖皮短冊が多用されます。
今日は“鯖短”について書いてみます。

スーパーで鯖を買うと1匹398円とか498円だの結構な値段の割に
“アニキ”だったりすることもあり
(アニキ:鮨屋などで材料仕入れであまり新鮮ではないものを指す)
ひどいものは身がどろどろなんてのもあって、皮を取ってもべろんべろん。
こんなの食べたら中毒起こす。

やはり自分で釣ってきた鯖が一番。
皮を取った身は味噌煮やみりん干しにするとおいしい。
時々皮の無い締め鯖も作るがとてもおいしい。

皮はできるだけ薄く傷を付けないように
すき取れるよう刃渡りの長い身卸し包丁を使ってるが
一般の出刃包丁でも大丈夫。


001.jpg
三枚卸の身を使います。
皮をすく時、腹骨が刃に当たり邪魔なので取り去ります。
初めに腹骨に添って少しだけ包丁を入れる。
最後まで包丁を入れると腹の皮まで切ってしまう恐れがある。


002.jpg
包丁で切った腹骨を掴み、腹下の方へ向かってむしり取る。
この時も身の薄い腹下の皮が付いてこないように注意。


003-1.jpg

003-2.jpg
腹骨の取れた身をできるだけ薄く頭の方から尾の方に包丁を入れて皮を引く。
あまり薄く包丁を入れると皮まで切ってしまうので注意しながら。


004-1.jpg

004-2.jpg
皮に身が厚く付いてしまったら包丁をねかせてすき取る。


005.jpg
両身から取れた2枚の皮にこのぐらい塩を振る。
(一両日中に使用なら塩無しでも)


006.jpg
短冊に切っていく。


007.jpg
尾の方の残りが短冊と同じくらいの長さになったら
縦に切って2〜3本取る。
ラップにくるんで冷凍庫へ。残った身は食べてください。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:17 | 神奈川 ☔ | 【釣】−餌・仕掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

魚釣りの悩ましさ 〜 9月22日釣行

風も波も悪くない。
しかし南下するには少々?の状態で鯛場のワラサ狙いで
薄明るくなってからの出港。

途中港内に反応が見えたので
Aさんジグを落としたら30cm程のサワラが釣れた。
何回かやってるうちにライン切られた。
サワラかタチだろう。

6時近くになるので少々飛ばしながら鯛場に着いた。
魚探反応はほどよく出てAさん

「これワラサだよ」

なんて言ってやる気満々。
当然一発目でくるだろうと仕掛けを入れる。

んっ? 何だこりゃー???
コツンとも来ないぞ。

で、ずーっとそんな調子。
だから“調子抜け”。

まちがいなくワラサの反応なのになぁ。
この下の方のは鯛だぞなんて言ってる。

Aさん、盛んに首傾けてる。
中層魚はベテランのAさんにもワラサが来ない。
どうしたんだろ。
結局1本も釣れない。

帰ってから各遊漁船の釣果を見たらこの一週間芳しくない。
ぼうずも結構出てる。
魚釣りも悩ましくなるよ。

秋田県のおが丸、ワラサと鯛でクーラー満タンなんてしょっちゅうよ。
それもクーラー2個だなんて。
いいなぁ。
ほんと船持って引越たいよ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:28 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

さかなの気質

オニカサゴなどの根魚は針掛かりしてすぐに

(おっ、これはキロ以上あるな)

なんておおよそ判別がつく。

前回鯖根で釣り上げた1kgの個体もAさん

「キロはあるぞ」

なんて言いながら釣り上げたのだが
上がってくるまで休みなく抵抗しぐいぐい引くので

「えぇっ、これもしかして鮫かもよぉー」

なんて言ったぐらいで本命で喜んだのだが、
中には針掛かりから海面までほとんど抵抗のない個体もある。
この違いはなんだろう。

キスだってそうだ。
大きさが同じような個体でも引きの強いのとそうでもないものがいる。

これね、想像なんですがね、人間と同じように魚にも気質があって
それぞれに荒っぽいのと温和しいのがいるんじゃないか、なんてね。

もう一つは諦めの早いのと
最後の最後まで諦めず抵抗するものっていうのもあるかしら。

魚を釣っていつも感じることなのですが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:33 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

彼岸花

毎年秋の彼岸の入り頃に咲き出す彼岸花。

今年もすくすく伸びてきたのや、花が咲き出したの
いろいろです。

これから急激に数を増やし鮮やかな色調が楽しめます。


001.jpg
細いけれどアスパラのようにつんつん伸びてきた。


002.jpg
咲き始め


003.jpg
黄色い花は満開です。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:23 | 神奈川 | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

ポイント開拓の醍醐味 〜 9月18日釣行

今回は鯖根のいつものポイントでオニカサゴをやる予定にしてた。

鯖根全体は結構広く海底地形図に前々から気にかかる所があって
一度試してみたいと思ってた。
オニカサゴの住処に思えてならなかったから。

出掛けにAさんにその様な話をしたら
それじゃあ今日はそこへ行こうとのことになっていつもの出港時間4時に出発。

途中タチのポイントで無駄な道草食いながら
(タチの魚影は出るもジグに全く反応しない。Aさん一匹掛けたがバラシ)
目的ポイントに着いた。

潮流れを確認しながら魚探拡大画面を見ると
おやまぁ予想してた通りのわくわくする地形ではないか。
腕がむずむずしてくるよ。

Aさんに

「こんな良い地形はないぞ、きっと釣れるよ」

なんて言いながら始めたら案の定いい当たりがでた。
オニに間違いない。

上がってきたのはキロ級だ。
こんな醍醐味は自ら見付けたポイントでなければ味わえないよ。

潮回りは結構忙しいが飽きない程度にヒットし、そこそこの釣果になった。

鯖根や大谷沖にはこの様なポイントがまだあると思えるので
晩酌時にまた海底地形図をテーブルに広げて肴にしながら探してみるとしよう。

10時くらいまでやって
興津のアマダイも気になるから戻ってみようということになり
100m立ちをやってみたら良い感触が得られた。
今シーズン期待できそうだぞアマダイ!

人数分の釣果があったので近所の方々見えて
“赤魚パーティー”をやったら旨いと言って喜んでくれた。
刺身、煮魚、酢締めなど作るもこれまた楽しい。
食べてくれる人達の笑顔も嬉しい。


001.jpg
キロ級のオニカサゴ、初めてのポイントで嬉しい!


002.jpg
赤魚三種揃い踏み
オニカサゴ、ウッカリカサゴ、アマダイ、何れも良形。
パーティーで皆さんの胃袋に納品となりました。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:03 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする