2010年08月08日

長距離トラックドライバー

物流界の主役、トラックとそのドライバー。

生活物資を次から次へと毎日毎日運び続けて
滅多には事故を起こさないプロフェッショナルはさすがだなと思うが
ひとたび起こってしまうと、これはまさに大事故になる。

早朝の東名高速の下りを走っていて上り車線を見るとトラックの列だ。
あれだけ多くの車輌が毎日連なって走っていて
事故が無いことの方が不思議に思う。
中には寝不足を我慢しながらのドライバーだっているだろうし。

一般国道でも同様に早朝の上りはトラックが多い。
一車線でセンターラインだけのカーブが多い国道の右カーブは要注意だ。

何故か。

対抗車線の車は左カーブになるからだ。

居眠り運転のドライバーがハンドルを左に切らず
そのまま直進してくる恐れがある。
一車線で左に避けようのない右カーブは恐い。

まさにトラックドライバー自身も極端に言えば体を張っての業務だ。

私的に思う事だが、この人達の経済的待遇を
より良い環境にできないのかと常に思う。

どこかの野球選手だかの一年分の収入に
一生かかっても追いつけない報酬の表示を求人情報などで見るにつけ
資本主義社会といってしまえばそれまでだが
何か空しい気がしてならないし、大きな矛盾を感じる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 07:58 | 神奈川 ☀ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする