2010年07月05日

タチウオの富士川沖情報(2) 〜 7月2日釣行

濃霧の季節で操船には神経使います。

興津沖から富士川方面は見えないが凪は良い。
ポイントに入るも魚探モニターは良い情報を示さない。

しばらく探し回りカタクチのベイトを見つけその下にジグを落とすと
直ぐガッガッガッときましたねー。

魚影の範囲は少しずつ広くなり難無く乗せられるようになったと思ったら
入れ食いというか入れ掛かりというか
バーチカルジギングの一番心躍るシーンに。

バウのAさん嬉しそうにジャンジャン釣ってる。
こちとらだってジャンジャン。

ガチガチのボロジグでよく釣れるわ。

影が無くなっても少し探せばまた良い状態に。
F3が主体にF4やF2.5なんてのも混じる。

時間を忘れ夢中でやってたら腕がメロメロになってきた。
Aさんも腕の屈伸やってる。

深さは40m〜70m。
棚は5m〜25mと広い。
船からタチが見えているのだから。

見えてる魚は釣れないと言うがタチは例外のようだ。
ボロジグに食いつくの見えるんです。

疲れたね〜、腱鞘炎だぁ〜、なんて。
腕休めに少しだけキスやって帰ろうということに。

で、キスは15匹。
今日は数えられた。良い一日だった。

これからタチのお相手忙しくなるぞ。

001.jpg
Aさんタチ釣り上げてご機嫌な様子。


002.jpg
こんなポンコツのジグで二桁のkg釣果。
早い話が何だって釣れる時は釣れる。
釣れない時は何やっても釣れないってことですか。

それにしてもひどいジグですね。
フックのリングと根元が錆びちゃってるよ。


003.jpg
いったい何本あるのかしら。捌くの大変だ。


004.jpg
今日のキスは数えられます。
2時間で15匹。効率悪い。


明日はこのタチウオの調理をアップします。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:45 | 神奈川 🌁 | 【釣】−釣果−タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする