2010年07月04日

キス釣りシーズンたけなわ

前回何とかの一つ覚えなんて書いたけど
後から考えたらキスちゃんにえらい失礼なこと書いちゃった。
キスちゃんゴメンネ。

キスの方だってね、
あのダボハゼ丸また来よった。皆んな気ぃつけやぁー。
なんて仲間内で話してますよ、きっと。

しかしね、キスは損してますよ。

だってね、釣り味が良い。食べても旨い。
この二つだけでえらい損してる。

針掛かりした時のあのパワーは小さい魚体のどこに秘められているのか。
釣り人を魅了するに十分だ。

そうそう、この強烈な引きね、針掛かりしてから長くは続かないから、
アクションの強いほんの一時は強引にリールを巻かないで
竿のしなりでいなしてやると良い。

何しろあの小さい体、そんなに長く抵抗できる訳ない。
すぐにくたびれて抵抗は半減する。
それからスピードをつけてリールを巻いたって遅くはない。

キス釣り大会のシーズンですね。

数量を競うのか、大きさを競うのか。
いずれにしても数量を沢山釣れば大型の混じる確率も高くなる。

前にも書きましたが針ス50センチの1本針、ジャリメはトロトロでしたね。
もう一つ大事なことがあります。

中々気が付かない事なんですが、大会ともなれば張り切って
仕掛けをなるべく遠くへ飛ばしたくなるのが人情ってものですね。

ところがこれは不合理。
なぜか?
3つあります。

まず遠投げしようと力んでしまうと仕掛けがおまつりする。

2番目は仕掛けが着底するまでの時間のロス。

3番目は魚が掛かった時巻上げに時間がかかる。

だから錘りの反動だけのちょい投げの方が合理的。
今の時期のキスは船下でも釣れるのだから。

これも前に書きましたが針スのパーマ、これは致命的です。
合わせがずれてしまいます。

キス釣り大会への出場の方、がんばってください。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:59 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする