2010年07月03日

車って100万キロ走るかしら

今使ってる車、先の記事(ネズミ捕り)で少し触れましたが
走行40万km越えてます。
特別どうってことなく当たり前に使い続けています。

100万kmまではちょっと予測つかないが。
50万km、60万kmは楽々でしょ。

使ってる車(愛車なんて言いません)はランクル100のディーゼル車で
10年を過ぎました。

メンテナンスは全てディーラーに任せてますが、定期的にしてるのは

○1万km毎のエンジンオイルの交換
○2万km毎のエンジンオイルフィルターの交換
○10万km毎のタイミングベルトの交換

この以上3点のみ。

30万kmの時、フロントハブベアリングの交換をしたのが
1度だけの大きな整備だった。
これは回転部分だから仕方ない。

洗車なんてオイル交換時にディーラーがしてくれる時だけ。

ワックス掛け?

しないしない。

タイヤは8〜9万km毎に交換してるが、その時塗られるワックス、
黒くテカテカきまり悪いから断ってる。

とにかく車は使えば使うほど減るものばかりの固まりで(減らしの美学?)
燃料を始め金属部、樹脂部、その他増えるもの一つもない。

増えるのはそれらに支出する金額と事故などの危険率だけ。
だから出来るだけ上手に使いたいですね。

昨今、外国でいろいろ言われているトヨタ車。
こうして使い続けているととても信頼できるんですがねー。
故障なしで40万kmですよ。

こんないい車ないと思うほどに。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:38 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする